YouTube Works Awards

YouTube Works Awards

YouTube Works Awards Japan 2024 ファイナリスト選出作品発表!

ファイナリスト 50 作品はこちらから


2024 年 6 月 11 日 14:30 〜 授賞式イベント開催!

開催概要と参加登録 (オンライン視聴) はこちらから

YOUTUBE WORKS AWARDSとは

About the Awards

YouTube Works Awards は、YouTube で高い広告効果を獲得した動画広告を表彰する、Google 主催の広告賞です。 2017 年にイギリスで始まり、アメリカなど世界各国で開催されており、各国で第一線で活躍する広告クリエイターや広告主・YouTube クリエイターなど、幅広い分野の審査員が様々な視点で審査を行います。 日本では 2021 年に初開催、2023年 6 月に第 3 回を開催し、8 つの部門賞とグランプリを発表しました。

About the Awards

Categories

1

Action Driver 部門

Action Driver は YouTube 広告を活用して、生活者の意思決定を後押しすることで行動を促すことに成功し、ビジネス目標を達成したキャンペーンを表彰します。

キャンペーンで達成したアクションが分かる数値的結果(例:ウェブサイト訪問、登録・購入や来店などの直接的なコンバージョン、ソーシャルシェア(シェア・いいね・コメント)、など)これらの結果の裏付け数値として、CPC、CTR、EVC、CPA、CPI、ROAS、 ROI などをご提出ください。

2

Best Brand Lift 部門

Best Brand Lift は、YouTube 広告を活用して、ブランドや商品の認知・比較検討・検索数や好意度などのブランドリフトに貢献したキャンペーンを表彰します。

キャンペーンで達成したブランドリフトを示す数値的結果(例:ブランド・商品認知、比較検討、購入意向、検索数、コーポレートイメージの向上など) これらの結果の裏付け数値をどのように得られたかを明示してください。

例① YouTube の提供するツールや調査を使用して得られた数値的結果

例② 自社、広告会社または調査会社のリサーチを通して得られたリフトに関する数値的結果

3

Best Sales Lift 部門

Best Sales Lift は、 YouTube 広告を活用して、オンライン・オフライン問わず売上拡大というビジネス目標達成に貢献したキャンペーンを表彰します。

キャンペーンで達成した売上への影響を示す数値的結果(例:売上前年対比、達成した売上金額・個数、成長率、マーケットシェア、購入者数、ROI、ROAS など)

4

Best Shorts Ads 部門

Best Shorts Ads は、YouTube ショートの特性やトレンド、視聴者インサイトを理解し、YouTube ショート広告の機能を活かしたクリエイティブで、高いマーケティング効果を獲得したキャンペーンを表彰します。

キャンペーンで達成したマーケティング成果を具体的に示す数値的結果。YouTube ショートだからこそできたクリエイティブのポイント、目標達成に寄与した内容を根拠を含めて記載してください。様々なフォーマットがある中で、なぜ YouTube ショートを利用したのか、ブランドの課題とどうマッチングしたのかという背景も記載してください。

5

Breakthrough Advertiser 部門

蓄積された実績がない中でも果敢に挑戦し、2023 年に戦略的に YouTube 広告の活用を開始して、優れたビジネス目標を達成した企業、ブランドおよび団体を表彰します。

YouTube 広告を本格的に利用することになった理由と、キャンペーンで達成した、マーケティング目標への貢献が分かる数値的結果を明記してください。 これらの結果を裏付ける数値として、実際に貢献したマーケティング目標の内容(認知指標、売上貢献、ダイレクトアクション、ソーシャルシェアなど)について、数値的結果を提出してください。

6

Creative Effectiveness 部門

Creative Effectiveness は、YouTube 広告を活用して、多様化する生活者インサイトを的確にとらえ、視聴者の共感や議論を生み出すことによってビジネス目標を達成したキャンペーンを表彰します。

キャンペーンで達成した、動画広告の再生回数のみならず、視聴者の共感や議論を生み出したり、広く拡散され話題になったことが分かる数値的結果(例:YouTube での高評価・コメント数、ソーシャルシェア(シェア・いいね・コメント)、二次創作、外部メディアでのトレンドランキング、その他ランキングなど)

7

Force for Good 部門

YouTube 広告を活用して、生活者との対話を深める・コアファンへブランドメッセージを届けるなど、収益やビジネスインパクトを超えて、自社のブランドパーパスを表現し、社会的意義のあるコミュニケーションを展開したキャンペーンを表彰します。

キャンペーンで達成した、社会にどの程度影響を与えることが出来たかがわかるストーリーと具体的な数値的結果を明記してください。

これらの結果を裏付ける数値として、生活者の認知変容、ブランド認知、ソーシャルシェア(シェア・いいね・コメント)、コーポレートイメージ向上、ブランドイメージ向上、マーケットシェア推移、などの数値的結果をご提出ください。

8

Grand Prix

各部門賞の中で、最もインパクトが大きく、イノベーティブかつクリエイティビティに富んだ表現で YouTube 広告を最大限に活用し、ビジネスへの効果へと繋げることに成功したキャンペーンを表彰します。

審査方法

2023 年に取り組んだ YouTube を活用したキャンペーンをご提出ください。

審査員が YouTube Works ならではの視点であなたの広告を審査し、7 部門における受賞者を決定いたします。 また、もっともストーリー性があり広告効果を発揮したと判定されたキャンペーンには、Grand Prix(グランプリ)を贈呈いたします。

審査方法

審査員のご紹介

<strong>合澤 智子 </strong>

合澤 智子

KDDI 株式会社

コミュニケーションデザイン部 部長

<strong>岩崎 亜矢</strong>

岩崎 亜矢

株式会社サン・アド

コピーライター/クリエイティブ・ディレクター

<strong>伊藤 隆行</strong>

伊藤 隆行

株式会社テレビ東京

制作局長

<strong>UraN</strong>

UraN

くれいじーまぐねっと

YouTube クリエイター

<strong>太田 祐美子</strong>

太田 祐美子

Wieden+Kennedy Tokyo

シニア・コピーライター

<strong>梶浦 瑞穂</strong>

梶浦 瑞穂

アサヒビール株式会社

理事 マーケティング本部長

<strong>佐々木 丈也</strong>

佐々木 丈也

三井住友カード株式会社

専務執行役員 マーケティング本部長

<strong>塚田 由佳</strong>

塚田 由佳

株式会社 電通

クリエーティブ・ディレクター

<strong>中田 大樹</strong>

中田 大樹

株式会社サイバーエージェント

執行役員

<strong>中川 晋太郎</strong>

中川 晋太郎

Uber Eats Japan合同会社

ゼネラルマネージャー

<strong>細田 高広</strong>

細田 高広

株式会社TBWA HAKUHODO

チーフ・クリエイティブ・オフィサー

<strong>守⽥ 健右 </strong>

守⽥ 健右

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ

クリエイティブ・ディレクター

1

応募開始

2023 年 10 月 18 日 (水)

2

応募終了

2024 年 2 月 20 日(火)

3

部門賞およびグランプリ発表

2024 年 6 月頃

応募について

応募について

審査基準: 審査員は、戦略的かつ高いクリエイティビティを発揮した、広告主のビジネスにもっとも貢献したキャンペーンを評価します。KPI を明確に設定、明記し、競合状況等結果の数値を記載することで、審査員もより定量的かつ明確に判断をすることができます。

応募フォーム記入のポイント:

  • 応募の際は、各部門の定義・評価基準・留意点を確認の上、過去の受賞作品及びファイナリスト入賞作品のケーススタディを参考にし、応募フォームに記入してください。
  • 専門用語はなるべく平易で具体的な表現に書き換えて、審査員にわかりやすい内容の記載を心がけてください。
  • クリエイティブだけでなく、利用したメディアに関する情報など、キャンペーンの全体像がわかるようにしましょう。キャンペーンの目的、アプローチ、結果を明確に記載ください。また、クリエイティブに関して、背景や目的についても記載ください。
  • キャンペーンの目的・KPI 、YouTube のキャンペーンの主要目的、クリエイティブアイデア、コミュニケーションストラテジー、結果等、それぞれの質問項目の回答に一貫性があるように記述ください。
  • YouTube 以外に利用した広告メディアに関する情報もあるとわかりやすいです。応募した YouTube のキャンペーンがもたらした可能性のある結果についても、具体的に記載ください。
  • 結果を記載する際は、客観的かつ具体的な指標・数値で記載ください。目標に対してどのような結果だったのかがわかるとより審査を円滑に行うことができます。
    - 良い例:目標 CPA 10,000 円に対して、8,500 円を達成することができた。
    結.果、売上も前年比 110% の成長を達成した。
    - 悪い例:目標 CPA を達成し、今現在も目標以下での獲得ができている。
  • 数値を記載する際は、可能な範囲で出典(データソース、調査会社等)も記載ください。

その他、応募フォーム記入についての留意点は、応募要項の「応募フォームの記入」をご参照ください。

応募について

応募方法

YouTube Works への応募は簡単で、かつ無料です。

2023 年に マーケティング目標に対して効果を発揮したキャンペーンを選択。 YouTube Works の応募要項を確認し、応募フォームからご提出ください。

あなたのアイデアと成果を、世界に知ってもらうチャンスです。マーケティング、クリエイティブ、代理店関係者の皆様、2023 年に実施して成果をあげた広告キャンペーンでもっとも成果が出たものを是非応募ください。

応募資格: 2023 年 1 月 1 日から 12 月 31 日までに、YouTube にて日本国内向けに広告出稿やクリエイターを起用したキャンペーン。

応募方法に関して質問等ございましたら、youtubeworksjp@google.com までお問い合わせください。

応募方法
YOUTUBE WORKS WINNERS

2023 Japan Winners

2022 年の YouTube 広告を対象に、広告関係者 60 人以上による 1 次審査でファイナリスト 49 作品を選出。その後、マーケターやクリエイティブディレクター、YouTube クリエイターなど総勢 12 人の最終審査員によって、戦略的かつ高いクリエイティビティを発揮して、広告主のビジネスにもっとも貢献したキャンペーンとして 8 つの部門賞とグランプリを決定し、Advertising Week Asia で発表いたしました。

Grand Prix
Breakthrough Advertiser 部門
Grand Prix
Breakthrough Advertiser 部門

「電気よ、動詞になれ。」ピクセルアート篇

広告主:株式会社明電舎

企画・制作:株式会社読売広告社 / 太陽企画株式会社

CHALLENGE

電気に根差した技術で社会を支える明電舎は、B2B 企業であるため、一般には認識されにくいという課題がありました。特に若年層は将来の取引先であり、採用においても重要な年代。そこで、18 歳から 34 歳とのエンゲージメント強化を目的に、YouTube 広告を本格的に実施することにしました。

IDEA

コピーは歌詞のように、演出はリズムを感じるように。動画広告を音楽的な体験として受け取ってもらうため、ナレーションも無い企業ミュージックビデオとして制作。YouTube を選択した理由は、まさにミュージックビデオを視聴する現場であるから。スキップできるのにしない、見たいから見る、という主体的な視聴態度を引き出すことで初めて、若年層とのエンゲージメントが積極的なものになると考えました。

RESULTS

動画再生回数は 210 万回を超え、明電舎史上最高を達成。 好意度は 2 倍以上、サイト訪問者は月間で 20 倍以上、そして、就職先のひとつとして関心をもった方が 49% という結果になり、高い広告投資対効果を獲得しました。

Action Driver 部門
Action Driver 部門

学パ、あげてこ⤴︎

広告主:三井住友カード株式会社

企画・制作:株式会社アイレップ / 株式会社ピラミッドフィルム

CHALLENGE

「人生最初のクレジットカードとして三井住友カードを選んでもらうこと」をビジネスゴールとし、関連キーワードの検索数最大化を KPI に設定。全国の学生に向けて YouTube 広告を実施しました。

IDEA

「3 回以上の広告接触」でサービス認知と検索数が向上するという実績に基づき、「広告接触時にスキップされずに認知してもらえるクリエイティブを用意すること」をテーマとして、「学生生活パフォーマンスをあげる」略して「学パ、あげてこ⤴︎」というメッセージを独自に開発。学生から支持の厚い YouTube クリエイター「くれいじーまぐねっと」を起用し、グラフィックは 2 次元と 3 次元を織り交ぜてポップでライトなクリエイティブを制作しました。

RESULTS

検索数は 130% 増加し、検索に至る目標 CPA が 86% へと改善。学生の興味を喚起するだけではなく、検索という具体的なアクションを効率良く促すことに成功しました。

Best Brand Lift 部門
Best Brand Lift 部門

ドコモ「卒業生100万人の答辞」/「あの恋をもう一度」

広告主:株式会社NTTドコモ

企画・制作:株式会社 博報堂 / 株式会社TBWA HAKUHODO

CHALLENGE

携帯キャリアを自分自身でこれから選択、契約するタイミングを迎える学生に、ブランドをより身近に感じてもらうことで、「選ぶならドコモ」というイメージを醸成し、若年層の好意と割引サービスの利用意向の向上を KPI とした YouTube 広告を実施しました。

IDEA

何度も見たくなる、耳で何度も聴きたくなる、誰かについ語りたくなるような仕立てとし、リアルな青春を描いた動画を制作。タイアップ楽曲との親和性を高め、没入感のある映像体験を実現するため、秒数制限のない TrueView インストリーム広告をメインにキャンペーンを実施しました。

RESULTS

施策認知者のサービス利用意向の増分は、広告非認知者と比較し、2.5 倍に伸長。SNS 上でも計 10,000 件以上のポジティブなコメントを獲得し、若者の支持を集めることに成功しました。

Best Sales Lift 部門
Best Sales Lift 部門

最強どん兵衛 最強地下CMッッ!

広告主:日清食品株式会社

企画・制作:株式会社 博報堂 / 株式会社トムス・エンタテインメント / 株式会社Minto

CHALLENGE

和風即席麺の絶対的 No.1 を目指すどん兵衛。 従来のシリーズに比べて、麺・お揚げ・出汁・七味、そのすべてを主役級に昇華させた「最強どん兵衛」の魅力を、30〜40 代と Z 世代の「エンタメ・リア充層」に正しく伝えて購買・喫食してもらうことを目的に、テレビCM の長さでは伝えきれなかった、ひとつひとつの具材を丁寧に伝えるために、YouTube 広告を実施しました。

IDEA

すべての素材が“最強”であることを訴求するため、最強のキャラクターとして認知度もあるアニメ「範馬刃牙」とコラボ。 アニメの名シーンをオマージュしたシズル訴求で最強素材を印象づけるため、広い認知、強い共感、高い拡散を一つのフォーマットで可能とする、TrueView インストリーム広告を活用しました。

RESULTS

公開 2 日で動画再生回数は 230 万回を突破。 売上は、動画公開前週比 174% 増加。オンラインショップでの売上も前月比 223% 増加し、売上に大きく寄与する結果となりました。

Best Target Reach 部門
Best Target Reach 部門

ファストCM「かけがえのない人生に、たしかな安心を。」篇

広告主:損害保険ジャパン株式会社

企画・制作:株式会社トライバルメディアハウス / 株式会社シグナル / 株式会社TYO / 株式会社エイスリー / 株式会社movel

CHALLENGE

保険は、若い世代において自分ごと化されにくいという側面がある。 損保ジャパンは、20~34 歳男女から「なんか好き」と感じてもらい、若年層の価値観に寄り添う会社であることを伝えるため、この世代に効率よくリーチできる YouTube 広告を実施しました。

IDEA

若年層の特徴と言われる、費やした時間に対する効果や満足度を示すタイムパフォーマンス思考を捉え、動画広告を早回しにした倍速広告、「ファストCM」を制作。若者たちの「安心」をこっそり見つめる「見守り役」としての企業姿勢を表現しました。

RESULTS

キャンペーン後のブランドリフト調査ではブランド好意度が 17% 増加。さらに、YouTube 広告の視聴単価は 1.97 円、視聴率は 46.8% となり目標を大幅に達成。ターゲット層に効率良くリーチすることに成功しました。

Creative Effectiveness 部門
Creative Effectiveness 部門

ほろよい飲んで、なにしよう?

広告主:サントリーホールディングス株式会社

企画・制作:株式会社 電通 / 株式会社 DASH

CHALLENGE

2009 年発売のロングセラー「ほろよい」。 今の時代にアップデートされた商品価値を再定義し、20 代から 30 代を中心とした全世代に向けて、アルコール度数 3% だからこそ、酔いすぎずに、自分だけの時間を楽しむことができるという価値を伝えるために、YouTube 広告を実施しました。

IDEA

より深く一人ひとりに寄り添うために、実写とアニメーションを両立させた映像や、幅広い世代を巻き込む音楽のマッシュアップ、複数の歌い手の起用など、「カルチャーと仲良くなる」というコンセプトを設定。 キャンペーンは YouTube を中心とし、それを拡散するための SNS という位置付けて設計。すべての起点であり、同時に受け皿としての役割を果たしたのが、YouTube でした。

RESULTS

動画再生回数は 754 万回を記録。動画に使用した音楽や世界観の二次創作がたくさん投稿され、さらに SNS での高い評価を得ながら拡散したことで、大きなトレンドを生み出しました。

Force for Good 部門
Force for Good 部門

おうちの中のモンスター

広告主:日本赤十字社

企画・制作:株式会社電通デジタル / 株式会社 電通 / 株式会社TheProducers

CHALLENGE

「防災の日」がある 9 月に、日本国民(にほんこくみん)の防災意識を高め、家具類の安全対策を促していくことで 、1 人でも多くの命を救うことを目的とした、YouTube 広告を実施しました。

IDEA

阪神・淡路大震災におけるおうちのケガの原因の約 7 割が家具やガラスによるもの。大地震であるほど、家具は命を奪う凶器に変わる。 普段は役に立つ家具が、災害時に襲いかかってくる「モンスター」として描かれたアニメーションを制作。 多くの人に伝えるため再生回数を KPI とし、完全視聴率の高い TrueView インストリーム広告を実施しました。

RESULTS

動画再生回数は 900 万回を突破。3 分の尺にもかかわらず、完全視聴数は 363 万回を記録。 「大事な警告」を「わかりやすく」伝えることで、「家族で視聴した」、「子どもが食い入るように見ていた」、「視聴後家族で対策を話し合った」など、数多くのコメントが確認されました。認されました。

YouTube Creator Collaboration 部門
YouTube Creator Collaboration 部門

ずっと無理だと思ってた電話ができるようになりました。

広告主:一般財団法人日本財団電話リレーサービス

企画・制作:株式会社 電通 / 株式会社ハット

CHALLENGE

2021 年、聴覚や発話に困難のある人に向けた通訳サービスとして始まった「電話リレーサービス」。 認知と理解を促進するために、対象者を両親に持つ YouTube クリエイターかなた氏とのコラボレーションを実施。YouTube チャンネル「かなたいむ。」の過去の動画再生回数、コメント数を更新し、高評価数 90% 以上を KPI としました。

IDEA

対象者が自ら電話し、主体的にやりとりができて選択肢が増える喜びを感じられること、などを意識し、「母がプリントケーキを電話リレーサービスで注文し、父の誕生日をサプライズで祝う」という企画を制作。コラボレーションした動画をバンパー広告や動画リーチキャンペーンで広告配信しました。

RESULTS

「かなたいむ。」史上最高の高評価 99.5% 、平均再生数の約 4 倍の 38 万回再生を記録。コメント数は通常より倍増し、「我が家も電話リレーサービス申請しようと思います。手話がわからない中途失聴の人にも優しいサービスだと思います」など、サービスの理解と好感のあるコメントが多く見られました。