Loading...

馬喰町バンド「ホメオパシー」MV(2016.11.9リリース 5thアルバム「あみこねあほい」より)

18,457 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Oct 28, 2016

2016.11.9リリース『あみこねあほい』の1曲目に収録されている「ホメオパシー」のMusic Videoです
映像作家の稲葉まり氏(http://www.mariinaba.net)に製作して頂きました
イラストは馬喰町バンドのリーダー・武徹太郎のイラストと稲葉まり氏の描き下ろしです
自作楽器のフレットレスギター「エレキ六線」と担ぎ太鼓「遊鼓」を使用して演奏しています

〜音とビートのるつぼから心を揺さぶる音楽を放つ!
全編に新楽器を導入して「よりディープに、より自由に」進化を続ける馬喰町バンドの最新作!!〜

今作で通算5作目となる本作品は、民謡やわらべ唄などオーガニックな感じという今までの馬喰町バンドのイメージを覆す作品が完成した。
自作楽器・担ぎ太皷「遊鼓(ゆうこ)」は、アルバム毎に進化を遂げ、唯一無二のリズムと音を作り上げ、今作では前作に登場した桶太皷のボディーにギターと三味線の合いの子の音を奏でる自作楽器「六線」のエレキバージョン「エレキ六線」を制作。独自の音を追求し、今まで以上に唯一無二の音の境地に挑み進化し続けている。
更に今作では「新時代ラップ」を取り入れ、今まで聴いたことのないジャンルのラップを披露し、聴きごたえのある渾身の一枚となっている。

●大石始(ライター)氏よりコメントを頂きました
言葉とリズムが五線紙をはみ出し、自由気ままに遊んでいる。アジアの風土に根ざしたディープなトラッドであると同時に、最先端のポップスでもあるという馬喰町バンドの音楽性が過去最高の濃度で結晶化。阿呆陀羅経などかつての日本の芸能に宿っていた言葉遊びの感覚がラップを通じて蘇ったかのようなちょっと異常な曲も数曲。驚きとひらめきと確信に満ちた最高傑作! 

馬喰町バンド 5thフルアルバム「あみこねあほい」
発売日:2016年11月9日(水)
販売価格:2,300円(税抜)
レーベル:HOWANIMALMOVE(http://www.howanimalmove.com)

「あみこねあほい」アルバム収録曲(全8曲入)
1.ホメオパシー
2.在処
3.色の話
4.ネタにはしない
5.ここまでおいで
6.未来
7.愛なのかいな
8.あの日の君は

【Member】
六線 & エレキ六線 & 唄:武 徹太郎(Tetsutaro Take)
ベース & 唄:織田 洋介(Yousuke Oda)
遊鼓(担ぎ太鼓) & 唄:ハブ ヒロシ(Hiroshi Habu)

【Profile】

「ゼロから始める民俗音楽」をコンセプトに結成された三人組。
懐かしいようでいて何処にも無かった音楽を、バンド形式で唄って演奏する。日本各地の古い唄のフィールドワークや独自の“うたあそび”を元に奇跡的なバランス感覚で生みだされる彼らの音楽は、わらべうた・民謡・踊り念仏・アフロビート・世界各地のフォークロアが、まるで大昔からそうであったかのように自然に共存する。
【HP】http://bakurochoband.com
【Facebook】https://www.facebook.com/bakurochoband
【Twitter】https://twitter.com/bakurochoband

Production team
【製作】HOWANIMALMOVE(http://www.howanimalmove.com)
【A&R】HOWANIMALMOVE 篠木優子(Yuko Shinoki)
【監督】稲葉まり(Mari Inaba http://www.mariinaba.net)
【イラスト】武徹太郎、稲葉まり(共同製作)

  • Category

  • Song

  • Artist

    • 馬喰町バンド
  • Album

    • あみこねあほい
  • Licensed to YouTube by

    • spaceshowermusic (on behalf of HOWANIMALMOVE)

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...