1,112
  • 篠原貴之 水墨画塾vol 28 水墨画デモンストレーション「パイナップル」 - Duration: 11 minutes.

    • 1 month ago
    • 375 views
    水墨画家 篠原貴之のネット水墨画塾
    第28回目は水墨画デモンストレーション 「パイナップル」をお送りします。
    カラフルで複雑な形のパイナップルを、水墨で描くというのは意外に思われるかもしれません。でも、実の亀甲模様や、たくさんの葉をどのように簡略化して、水墨を活かすかということは、水墨表現を考えるには格好の題材です。
    色の変化を墨の濃淡、潤渇に置き換え、複雑な形を運筆の面白さに乗せて表現して...
  • 篠原貴之水墨画塾vol 27 水墨画デモンストレーション 「小屋のある風景ーその2ー」 - Duration: 8 minutes, 5 seconds.

    • 2 months ago
    • 622 views
    水墨画家 篠原貴之のネット水墨画塾 第27回目は水墨画デモンストレーション 「小屋のある風景ーその2ー」をお送りします。今回の動画は前回の続きで、小屋と立ち木に草原と空を描き加えてゆきます。前回描いたモチーフと質感や墨色を変えながら描いてゆく様子は、実際のモチーフをどのように水墨の表現に置き換えて行くかの参考になるかと思います。モチーフごとに筆使いを丁寧に解説し直していますので、用筆の参考に...
  • 篠原貴之 水墨画塾vol 26 水墨画デモンストレーション「小屋のある風景ーその1ー」 - Duration: 10 minutes.

    • 3 months ago
    • 1,052 views
    水墨画家 篠原貴之のネット水墨画塾 第26回目は水墨画デモンストレーション 「小屋のある風景ーその1ー」をお送りします。

    今回の動画は何処にでもありそうな北海道の風景ですが、近景の扱いを大胆に描くことで、水墨表現の面白さを発揮出来る絵となりました。

    小屋と木というシンプルなモチーフだけに、モチーフ以外の部分をどう描くのかという、絵作りがよく分かると思います。

    モチーフごとに筆使いを丁寧...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.25 水墨画デモンストレーション「ワインの里—キャンティ—」 - Duration: 15 minutes.

    • 5 months ago
    • 1,743 views
    水墨画家 篠原貴之のネット水墨画塾 第25回目は水墨画デモンストレーション 「ワインの里」をお送りします。

    イタリア、トスカーナ地方のワインの産地キャンティーの町を水墨で描いた作品の、描く過程を再現し解説します。

    今回のポイントは町並みの描き方です。
    町並みはひとつの塊として描くと平板になりがちです。近景、中景、遠景とグループに分けて遠近感を出してゆきます。
    1度筆にとった墨が、描き進め...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.24 水墨画デモンストレーション「片口鰯」 - Duration: 15 minutes.

    • 1 year ago
    • 2,212 views
    水墨画家 篠原貴之のネット水墨画塾 第24回目は水墨画デモンストレーション 「片口鰯」をお送りします。
    かたくちいわしの干物は、よく見ると一匹ずつ形が異なり、それぞれに表情があります。一匹選んで実際より大きめに描きます。
    いわしの背中から腹に掛けての白黒の移り変わりや、渇いた皺のようなものを、筆で描いた時に出来る墨の濃淡、乾湿の変化で表現するところが今回のポイントです。
    初めは濃墨で形と質感...
  • Suibokuga Lesson (ink wash painting) Vol.1 How to make ink color - Duration: 4 minutes, 53 seconds.

    • 1 year ago
    • 1,459 views
    SHINOHARA Takayuki is a Japanese painter of suibokuga (ink-wash painting).
    The charm of Suibokuga comes from the restriction of how color is used.
    In comparison to other forms of “digital” paintin...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.23 面白い筆さばきで描くコツ - Duration: 20 minutes.

    • 2 years ago
    • 4,549 views
    水墨画家 篠原貴之のネット水墨画塾 第23回目は伊根の舟屋を題材にした「面白い筆さばきで描くコツ」をお送りします。
    今回は舟屋を1軒だけピックアップして描き、筆使いと、窓や冊等、細部の描き方を見ていただきます。
    まず手順を頭の中で整理し、庇や窓、冊等、様々な要素が有りますが、始めは家の正面にある壁から始めます。その後窓や冊などの細部を描き進めます。
    面白い筆さばきで描くには、細部を単純化する...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.22 水墨画デモンストレーション「宮島夕景」 - Duration: 22 minutes.

    • 2 years ago
    • 7,198 views
    水墨画家 篠原貴之のネット水墨画塾 第22回目は水墨画デモンストレーション 「宮島夕景」をお送りします。
    今回は日本三景の宮島 厳島神社の夕景を墨絵で描いていきます。ポイントは干潟を抽象的な質感の面白さと考え、思い切った筆使い墨使いで描くことです。
    墨色の変化は、手前から奥へと、潤筆から渇筆へ、濃墨から淡墨へと変化させます。手前はべたっと墨を置いていくように始め、奥へと描き進めるに従い、墨が...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.21 遠近感を出す墨色の選択法 - Duration: 14 minutes.

    • 2 years ago
    • 13,189 views
    近いものを濃く、遠くなるにつれ薄く描くのが水墨画の基本です。

    長谷川等伯の「松林図」を思い浮かべて下さい。手前の松を濃墨で描き、遠くなるにつれ松の墨色は薄く描かれていますよね。この基本通りに描くと、墨色を変える回数が少なくなり、筆運びがスムーズになります。

    しかし、いざ題材の景色を前にすると、色の濃淡は遠近関係なく画面に点在しています。水墨で複雑な景色を描くためには、まず色を整理して考え...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.20 水墨画デモンストレーション 「大運河」 - Duration: 16 minutes.

    • 2 years ago
    • 4,264 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画塾、第20回目は水墨画デモンストレーション 「大運河」をお送りします。
    ヴェネチアを代表する景色、大運河をモチーフにして、近景から遠景へと移り変わる景色の色の変化を、筆の中のグラデーションと重ね合わせ描いていきます。
    今回は絵のポイントを奥の教会と河口から入ってきた光に輝く明るい水面に置きました。ポイントを絞り込むことで、大胆な筆の動きや、墨の広がりを見せるこ...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.19 きれいな墨色を出す - Duration: 12 minutes.

    • 3 years ago
    • 7,729 views
    単純に言うと、きれいな墨色とはきれいなグラデーションのことです。水を引いた中に濃墨を落とし、自然に墨が広がっていく時に出来る墨色が最もきれいな墨色です。
    しかし、実際は筆で形を描いてゆくので、適切な筆運びや調墨によってきれいなグラデーションを作り出すことが大切です。
    筆の先から水を取ったり、筆を寝かして墨を取ると、墨色が乱れます。また、筆を押さえすぎたり、描くたびに筆の当たる場所を変えると、...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.18 たらし込みで魚を描く - Duration: 7 minutes, 20 seconds.

    • 3 years ago
    • 13,949 views
    水や淡墨で描いた形の上に濃墨を差す描き方を「たらし込み」といいます。
    はじめに水や淡墨で形を描き、その淡墨が濡れている間に、濃墨を含ませたもう一本の筆で、墨を差して(たらし込んで)ゆきます。自然な墨の広がりや、濃墨のたらし込み方で、偶然に出来る面白い墨色が得られます。
    今回は、「海の幸と」いう作品を題材にして、垂らし込みで一匹の魚を描いてみました。魚の形を描く際に、顔やひれは渇筆気味に硬いイ...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.17 紙を濡らす - Duration: 9 minutes, 57 seconds.

    • 3 years ago
    • 11,085 views
    水または淡墨で画面を濡らし、紙の状態に変化をつけて描くという技法は、遠景を生かすためのポイントになる近景等によく使われ、広い面積を抽象的に処理するには最適の技法です。
    たっぷり濡らすところ、紙の表面だけ軽く濡らすところや、水を引かないところを作り、一番濡れた場所から大胆に描いていきます。
    水分の多いところ程滲みやすく、描いた形がぼやけます。また、水を引いてからどのタイミングで描き始めるかによ...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.16 画塾で使う紙について - Duration: 8 minutes, 4 seconds.

    • 3 years ago
    • 6,513 views
    篠原貴之水墨画塾で使用している紙は、ドイツ製のハーネミューレという版画用紙です。この紙の特徴は、墨を置いたときに横には滲まず、紙の奥に入っていくということです。
    同じ墨色でも奥まで入れれば濃く見え、表面だけに入れると薄く見えます。その特徴のおかげで、運筆によって墨色を変えて描くことができます。
    水墨画は水墨自体の自然なにじみの色や形の広がりの面白さと、作者の意図的な色と形とのバランスが大切で...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.15 私が使っている筆について - Duration: 13 minutes.

    • 3 years ago
    • 9,734 views
    私が水墨画を描くときは、基本的に3種類のオリジナル筆を使っています。
    1本目は渇筆表現に優れた筆「潤渇自在」です。水分を含める細く柔らかい毛と、腰のある太く硬い毛を混ぜた兼毫筆です。
    2本目は染める作業に適した筆「墨色自在」です。こちらも兼毫筆ですが、軟らかい毛を多めにしてあるので水の含みがよく、グラデーションをきれいに表現出来ます。
    3本目は両方の特徴を兼ね備えた多目的に使える万能筆「十得...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.14 水墨画デモンストレーション「五箇山の春」 - Duration: 18 minutes.

    • 3 years ago
    • 8,569 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画塾、第14回目は水墨画デモンストレーション 「五箇山の春」をお送りします。
    富山県の世界遺産、合掌造りで有名な五箇山の雪景色を水墨画で表現しました。建物や木の枝に遠近感をつける方法や、枝に積もった雪の表現方法に注目してください。
    黒い墨で白い雪を描くことは、実際にはできません。そこを墨の濃淡で表現してゆく雪景色は、まさに水墨画の醍醐味です。墨ならではの雪の表現...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.13 運筆1 筆を開く - Duration: 9 minutes, 45 seconds.

    • 3 years ago
    • 7,493 views
    墨絵を描くためには、思った通りの形に墨を置 く必要があります。それには筆を開く技術が必要です。
    筆を開けることができないと、線の太さを出すために筆を紙に押しつけてしまいます。すると筆の腹で描くことになり、思い通りの形に筆を進めて終わることができなくなります。
    新聞等を使い、落書き感覚で、筆を開く動きを繰り返し、身体で覚えてしまいましょう。日常的に筆と戯れることで、自由な運筆が身についてきます...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.12 雑巾の使い方 - Duration: 3 minutes, 44 seconds.

    • 3 years ago
    • 6,601 views
    雑巾は水墨画を描く際に欠くことのできない道具の一つです。今回は雑巾を使って、筆の墨量や水分を調節する方法を解説します。
    筆の根元は水分のタンク、先は描画用具と考えます。タンクの水分が多すぎる場合は根元を雑巾に当てて水分を取りますが、根元の水分を取り過ぎると墨がすぐに切れてしまうので、きれいな渇筆表現ができません。根元に水分を残し、筆先だけ軽く雑巾に触れてから描くことが渇筆表現のポイントです。...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.11 筆に水を取る - Duration: 7 minutes, 46 seconds.

    • 3 years ago
    • 6,892 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画塾第11回目「筆に水を取る」です。
    筆に水を取る方法は2種類あって、まだ筆に墨が付いていない状態で必要な量の水を筆に取る方法と、筆先に墨が残っている時に水を足す方法があります。
    始めに取る水の量はとても重要で、水を多く取れば墨は薄くなり、水が少なければ墨は濃くなります。墨の濃淡や潤筆、渇筆など、筆の状態は最初の水の量で決まります。
    水の量を整えるために、筆の水...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.10 水墨画デモンストレーション 「遠い記憶」 - Duration: 11 minutes.

    • 3 years ago
    • 5,564 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画塾、第10回目は水墨画デモンストレーション 「遠い記憶」をお送りします。
    今回はローマ時代の遺跡「フォロ・ロマーノ」の石柱をモチーフに、渇筆で筆跡を残して質感と形を描くプロセスと、筆跡を残さず色や影を描く染めのプロセスを使い分けます。
    3本ある柱の立体感や遠近感を考えて、濃い墨と薄い墨を使い分けながら、欠けた石柱の感じを出すため縦横に筆を走らせるといったテクニ...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.9 紙と墨の関係について 2度描きしてもいいの?Part2 - Duration: 7 minutes, 52 seconds.

    • 3 years ago
    • 7,166 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画塾第9回目「紙と墨の関係について 2度描きしてもいいの?Part2」をお送りします。
    2度描きの悪い例として、2度目の筆跡で最初の筆跡をつぶしてしまう描き方があります。目の前のモチーフに色や形を似せようとせず、筆跡の面白さや墨色の流れを大切にすると、水墨画の魅力が自然と現れてきます。
    今回は棚田の畦に立つ稲木をモチーフにしながら、一筆目で幹や枝の筆跡を愉しみ、...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.8 紙と墨の関係について 2度描きしてもいいの?Part1 - Duration: 6 minutes, 32 seconds.

    • 3 years ago
    • 8,668 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画塾、第八回目は「紙と墨の関係について 2度描きしてもいいの?Part1」をお送りします。
    一度墨を吸ってしまった紙は、墨でコーティングされたような状態になります。その上から描き進めても墨が奥まで入らず、きれいに発色しません。
    紙を活かすためには、全体の構成を考えながら描き進め、墨でつぶれた部分に2度描きすることは避けてください。
    水墨画は水彩画とは違い、とりあ...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.7 水墨画デモンストレーション 「梅の香」 - Duration: 13 minutes.

    • 3 years ago
    • 8,761 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画塾、第七回目は水墨画デモンストレーション 「梅の香」をお送りします。
    奈良の薬師寺を遠景に、梅の花が一輪だけ咲いています。構図の手前に来る梅の枝は、前回の水墨画塾Vol.6で解説した「筆で安定した線を引く」技法を用いて描いています。
    また、枝の太さを人為的にコントロールせず、自然に枝の先端が細くなるように筆の水分量を調整します。
    森の部分のグラデーションや、建...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.6 筆で安定した線を引く - Duration: 6 minutes, 11 seconds.

    • 3 years ago
    • 9,286 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画塾です。第六回目は「筆で安定した線を引く」です。
    墨絵の初心者にとり、筆で安定した線を引くことはなかなか難しいのですが、自分で筆をコントロールしようとせず、水平方向の滑らかな動きだけを筆に与え、力を抜いて線を引くことが大切です。筆を紙に押し付けず、筆自身の重さを使ってください。筆の水分を減らすと線が細くなります。
    また、技術面だけでなく、精神面も大事です。一点...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.5 筆に墨を入れるコツ - Duration: 3 minutes, 48 seconds.

    • 3 years ago
    • 9,198 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画塾です。第五回目は「筆に墨を入れるコツ」です。
    筆の中にきれいな墨色のグラデーションを作ることは意外に難しいのですが、これにはコツがあります。
    筆に墨を取るときは、筆腹の水を切りながら墨を筆に吸い上げていくことが大切です。筆腹に水が入っていると、それ以上墨は上がってこないので、筆先の墨だけで描くことになります。これではきれいなグラデーションが作れません。
    筆で...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.4 水墨画デモンストレーション 「立山礼賛」 - Duration: 10 minutes.

    • 3 years ago
    • 7,763 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画塾です。第四回目は水墨画デモンストレーション 「立山礼賛」をお送りします。
    海の部分と山の部分でそれぞれ違った水墨画の技法を使いながら、富山湾から見た立山連峰を描きます。
    海の部分は筆の中のグラデーションを使い、山の部分は筆さばきによる墨色の変化を使います。また、水滴を画面に飛ばして墨の色面に変化を与えるなどのテクニックも用います。
    製作 株式会社ウィンドミル...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.3 墨色の作り方 2 - Duration: 9 minutes, 22 seconds.

    • 3 years ago
    • 15,541 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画講座です。第三回目は「墨色の作り方2」です。
    水墨画は同じ墨色でも筆さばきで多彩な色に変化します。紙に筆を押すようにして描くと濃い色になり、軽く触れるように描くと明るくなります。
    また、一見平面に見える紙にも奥行きがあり、紙の奥まで墨を入れると暗くなり、表面をなぞるように描くと明るく見えます。
    水墨画は道具や材料ではなく、腕次第で限りない色を表現することができ...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.2 水墨画デモンストレーション 「雨上がり」 - Duration: 10 minutes.

    • 3 years ago
    • 13,477 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画講座です。第二回目は水墨画デモンストレーション 「雨上がり」をお送りします。
    水墨画は下書きをせず、出たとこ勝負で描いていきます。出てきた墨の色や形を受け入れ、偶然に出来た白地や、自然に広がるグラデーションを活かして描き進めていきます。
    実際に描いて見せることで、水墨画がどのように完成していくのかがよくわかります。
    製作 株式会社ウィンドミル http://w...
  • 篠原貴之 水墨画塾 Vol.1 墨色の作り方 1 - Duration: 4 minutes, 51 seconds.

    • 3 years ago
    • 18,354 views
    水墨画家、篠原貴之のネット水墨画講座がスタートしました。第一回目は「墨色の作り方1」をお送りします。
    水墨画の魅力は美しいグラデーションにあり、調墨によって墨色を切れ目なく変化させていきますが、その方法は2種類あって、筆の中に墨を含ませてグラデーションを作る方法と、筆の流れや動きでグラデーションを作る方法があります。
    水墨画にはいろいろな制約がありますが、その不自由さこそが水墨画の魅力ではな...
  • 篠原貴之 水墨画塾 - Duration: 12 minutes.

    • 3 years ago
    • 38,124 views
    水墨画家の篠原貴之が京都市内で主催する水墨画塾の様子を紹介します。
    画塾では毎回新しい課題を墨で描いて見せます。今回は日本百名山の一つ、伊吹山を描いてみました。実際に描いてみることで、墨絵を仕上げていく過程とポイントがよくわかります。後半は画塾生徒の作品を講評します。
to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...