2
麗江の雷魚鍋
雲の南の雷魚鍋の発端は廣西の陽朔ですが、名を馳せたのは雲南の麗江である。
麗江の雷魚鍋
雲の南の雷魚鍋の発端は廣西の陽朔ですが、名を馳せたのは雲南の麗江である。
伝統的に雷魚鍋の作り方を受け継ぎ、現代的に健康な飲食理念を入り、制作上に現代人の舌に合うので、間も無く北京・遼寧・山東等地で50軒以上の支店を設け、大人気で暑い夏にしでも来客が跡を絶たない、一席も取れないぐらい状態になった。2012年、麗江出身台湾へのお嫁さんが其の鍋を本物のまま台湾に連れて来て、魚だしのスープの作り方を改良し、更に美味しい澄ましスープを仕上げた。特殊な包丁さばきで蝉の羽根のような魚の薄造りを、スープに煮込めば、切身がしっかりして柔らかい、食通たちが台湾にいても麗江の雷魚鍋の旨味を味わえます。
to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...