97
魂で世の中を耕す男。
フジテレビ系列「ザ・ノンフィクション」などに楽曲提供するなど、シンガーソングライターとして精力的な活動をしながら、夜の東京で "流し" として酒場を盛り上げる さとうもとき。
魂で世の中を耕す男。
フジテレビ系列「ザ・ノンフィクション」などに楽曲提供するなど、シンガーソングライターとして精力的な活動をしながら、夜の東京で "流し" として酒場を盛り上げる さとうもとき。

1968年4月13日、北海道室蘭市生まれ。A型。 ギターを手にしたのは14歳の頃。
バンドスタイルから形を変えながらも音楽活動を続け、現在、シンガーソングライターとしてひとりギターを抱え活動中。
振り絞る声に赤裸々な思いを乗せ、パワフルに力強く核心をついた歌詞、そして夢をあきらめないその姿が同世代を中心に共感を得ている。

これまでに5枚のアルバム、2枚のLiveDVDをリリース。
2006年、市川JAMES洋二(ex.ストリート・スライダース)プロデュースによるマキシシングルをリリース。
“わたしの卑しき魂よ”がフジテレビ「ザ・ノンフィクション」なにわのホストシリーズのテーマ曲に抜擢される。
2008年、地元北海道の人気番組「のりゆきのトークDE北海道」エンディングテーマに抜擢。
さらにこの年「フォークジャンボリー岩見沢」に出演、南こうせつ、イルカらと共演をはたす。
2011年4月5枚目のアルバム「人生という詩」リリース、ジャケット写真を写真家横浪修氏が撮影で話題に・・・

魂で世の中を耕す男・さとうもときの今後に乞うご期待!

問い合わせ offceさとうもとき 
motoki-s@r5.ucom.ne.jp
http://motoki-s.com/
to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...