Loading...

ウディ・アレン初期の名作①映画「アニー・ホール」レビュー ※ネタバレ

88 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 5, 2017

映画「アニー・ホール」についてのレビュー。※ネタバレ注意

『アニー・ホール』
監督:ウッディ・アレン
脚本:ウッディ・アレン
   マーシャル・ブリックマン
製作総指揮:
   ロバート・グリーンハット
製作:チャールズ・H・ジョフィ

出演:ウッディ・アレン(Alvy)
   ダイアン・キートン(Annie)
   トニー・ロバーツ(Rob)
   キャロル・ケイン(Allison)
   ポール・サイモン(Tony)

【あらすじ】
ニューヨークとは限らない。大都会とは少々変わり者でも生きていける所だ。山の手に住むユダヤ系のアルビー(W・アレン)もそんな1人。彼はTVやナイトクラブのトークショーで稼ぐ漫談芸人。歳の頃は40、離婚歴1回のド近眼メガネ人間だ。そんな風采の上がらない小男の彼だが、なぜか女の子には人気がいい。彼の周りにはいつも女の子がウロチョロ。そんな彼がある日、友人のTVディレクターのロブ(T・ロバーツ)達とテニスに行って、1人の美人と出会った。会話もユニークな彼女の名は、アニー(D・キートン)。どこか屈託のない童女の雰囲気の彼女に出会ってからアルビーが変わった。アニーとのデートが日課の一つになったのだ。2人が同棲生活に入ったのはそれから間もなく。お互いにのぼせあがっていた2人も時がたつにつれて、お互いのアラが目についてきた。アルビーの周りには、あいかわらずTV局の女ロビン(J・マーゴリン)や、アリソン(C・ケーン)がいて、アニーは気になり、アルビーもアニーのつかみどころのない生き方がわからない。ましてアルビーは、男の独占欲にめざめてきたのだ。行きづまった2人の関係。2人は精神分析医の所に行き、2人の溝は埋まったかに見えた。だがそんなある日、アニーがいつものようにクラブで歌っていると、プロ歌手トニー(P・サイモン)が彼女の歌をほめ、カリフォルニアにくるようにすすめる。彼女は有頂天になり、精神状態も全快へとむかったが、アルビーはまだダメ。彼はアニーとトニー、果てはロブの仲まで疑い出したのだ。もうこうなってはおしまいだ。2人は別居を決意し、アニーはカリフォルニアに飛んで行った。一方、残されたアルビーを襲う寂寥感。アニーの後を追い、カリフォルニアに行き、やり直そうとアニーに迫るアルビーだったが、今のアニーは歌手としての成功の方が気になっていた--。(映画.com より)

<関連動画>
アニー・ホール (Annie Hall)
https://youtu.be/mgK_i2-bCI0

Annie Hall (1977) Best Scenes
https://youtu.be/lyKrCAgki-Y


produced by まなびLABO広尾スタジオ
http://www.manabilabo-hiroo.com/

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...