Loading...

島崎氏更迭を求めるもう一つの意味

163 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 17, 2014

今、日本にはマスコミ権力という「亡国の権力」が立ち上がっている、と「自由の哲学」を説いた霊人ハイエクが述べています。憲法が制定されたときには存在しなかった権力であるために、法的な規制が全くない、無責任な存在になっています。「美味しんぼ」問題で明らかになってきましたが、福島の人たちが苦しんでいるのに、反省やお詫びの言葉がありません。「報道の自由」、「表現の自由」を錦の御旗のように振りかざし、やりたい放題、無責任極まりない体質になっています。実は活断層理論なるものが、地震爆発論から見れば風評そのものです。マスコミは無意識のうちに地震学者と共謀して風評という武器を使って亡国への道へ国家を誘導しています。それを阻止することも今回の島崎氏更迭要求の署名活動に立ち上がったもう一つの理由であります。
 マスコミは考える材料を国民に提供するべきです。日本固有の自身理論であった「マグマ貫入爆発論」を否定した理由を糾し、「活断層理論」を正しいとした理由を追求する意見を地震爆発論学会が主張しているのですから、これを国民に紹介するべきであります。

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...