Loading...

イギリス議会はEU離脱案を否決?!もしそうなら日経平均1,000円下落?!ドル円も105円?!世界中のマーケットが荒れるかも?! #資産運用

3,474 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 12, 2019

こんにちは、じょにぃです。
今週も先週のマーケット振り返りと今週のマーケット見通しについてご説明します。

目次
0:31 今週のマーケット振り返り
3:24 自分の取引について
6:31 来週のマーケット見通しと
9:52 荒れる相場にチャンスあり
11:29 毎営業日に買い付けてる投資信託の状況

----
関連リンク
SBI証券 https://www.sbisec.co.jp/ETGate

----
先週のマーケット振り返り
今週は昨年末の安値以降のリバウンドを緩やかに享受できた1週間でした。
米中問題の楽観的な報道は株価対策でしかないので、中立的に考えれば、今の水準は割高です。ハードランディングするときの下落の半分も織り込んでいない。ソフトランディングする確率が高いということを織り込んだ状態が今の株価。
イギリス議会のEU離脱案採択の問題もそうで、否決されることを全くといっていいほど株価に反映されていないように見える。否決確率が高いんであれば、それなりの下落を織り込まないといけないが、今の株価は楽観的に見える。

自分の取引について
自分は水曜日と金曜日に購入済みだった投資信託の一部を解約しましたが、みなさんはどうでした?ニッセイ日経平均インデックスファンド、ニッセイTOPIXインデックスファンド、ニッセイ外国株式インデックスファンドそれぞれ同じ額だけ解約しました。
12月25日と26日に買った分は短期売買用として27日のうちに売っちゃいましたが、短期で勝負する用の取引と、長期で勝負する用の取引は明確に違います。これごっちゃにすると、取れる利益も取れないし、間違って長期保有しちゃうなんてこともあるんで、注意してください。
投資をはじめたころは、いろんな誘惑とか自分の判断を後押しするような情報にばかり目が行って、大きく損失を出すような経験をしたので、みなさんにはそんな経験をしてほしくありません。
短期でリバウンドを狙った取引であれば、読みが合ってても間違ってても、短期で反対売買して決済しないとあぶないです。逆に長期で買うべきところで、底値を狙って大きなロットで買うようなことをすると、ほぼ間違いなく失敗します。
もう10年以上前ですが、リーマンショック前に任天堂でその間違った判断で100万を一日で失ったことがあります。本当に生きた心地しないんで、やめた方がいいですよ。

来週のマーケット見通し
何度かお話ししているように、日経平均は昨年末の安値と25日移動平均線をもみ合っていて、いったんリバウンド完了って感じですね。上に行くなら強いですが、一度下げて2番底を確認しにいくと思います。
ボリンジャーバンドを見ても中央に戻ってきていて、21,000円を一時的につけるかもしれませんが、米中問題やイギリス議会の件で揺さぶってくるかもしれないので、強制決済されるようなポジションは避けて、大きな損失をださないような逆指し値をセットしておいた方が良いかも。
成人の日で月曜日がお休みなので、月曜日のアメリカのマーケットの結果を受けて火曜日はじまりますが、イギリス議会がEU離脱案を否決するかもしれないので、相場は荒れる!きっと荒れる!

毎営業日に買い付けてる投資信託の状況
昨年の夏から一定額を買い続けてる3つの投資信託の損益状況ですが、-7.21%です。証券口座の総資産の約5%を保有してます。SBI証券に設定してる毎日の買付額は0.1%ちょいです。
もっと相場全体が悲観的になってきたら、毎日の買付額を増額しようと思ってますが、今ではないですね。少なくとも来週のイベントを通過して長い調整局面であることが確認できたタイミングで設定変更しようかと思ってます。とか言ってると気がつけば上昇相場に移っててタイミングを逃したりするんですけどね。
正直今後株価がどうなっていくなんて自分もわからないし、誰もわかりません。そういう前提で、リスク分散して購入するのが、投資初心者の王道です。得意なパターンが見つかればそこは狙って大きなロットでいけばいいし、普段はこんな感じでOKです。
カジュアル投資家ですからね。

荒れる相場にチャンスあり 
荒れる相場にはチャンスがあるので、大きく動くようなら出動しましょう。大きく下落した後のリバウンド狙いに使いやすい銘柄は
NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 (1570)
です。2倍のレバレッジが効くので、その点だけ注意!
昨年末の安値で買ったのもこれです。日経平均連動のETFの中でもっとも流動性が高いので、これを選んでます。流動性が低いと板が薄くて思ったような価格で取引できない可能性があるのでね。
購入するときの基準は、-2σかなと思ってます。つまり足下では日経平均が19,000円を割るようなケースです。じりじり下げる中で 買いで参戦しても、そのままずるずる下げる可能性があるので、見極めてから買いを入れます。

ぶつぶつ
今回のイギリス議会の採決の問題だと、大きく上昇することは想像しにくいんですよね。。いずれにしても、TPPとEUとのEPAをやってる日本は、自由貿易にとって重要な国家になっていることはとても誇らしい。
日経平均は半年かけて16,000円になるかも、なんて予想をしてますが、米中問題と中国の景気動向、アップルの減速、イギリス議会の混迷とかが明らかになってるにも関わらず、意外と底堅いので、もしかするとそんなに下落しないのかもしれない。
予想はずれかよw
株式投資で重要なのは、過去に立てた仮説に固執することなので、違ったと思えばすぐに新しい仮説に基づいて行動すればいいんです。これとっても重要。


そんな感じです。
いずれにしても小さいロットで買い続けてれば1,000円下がっても大きな痛手にはならないので、あんまり相場のことは気にせずに1週間行きましょう!
ご視聴ありがとうございました!

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...