Loading...

50年前の人形劇「ひょっこりひょうたん島」

132,278 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Oct 27, 2016

昭和の時代、50年前に一世を風靡したTV番組に人形劇がある。現在ではあまり見かけない(とは言っても小生、日本のTV番組はほとんど見ていないので恐縮…)が、当時は子供から大人まで幅広い層に人気があった。その中でも特に評判が高かったのがこのNHK制作の「ひょっこりひょうたん島」。1964年から1969年まで、実に5年間にもわたるロングラン、明るく元気で調子のよいリズミカルな主題歌は大ヒット、多分、現在でも多くの方がこの歌詞を覚えておられると思う。

基本的に子供番組であったにもかかわらず、そのストーリーや背景設定に当時の社会的な風潮、事件を巧みに織り込んでサビを効かせ、ユーモアとペーソスをモチーフにして今、大人が見てもニガ笑いしたくなるような場面を随所に散りばめた面白い構成だった。人形達のセリフをよく聞いていると、その中に当時の落語や漫才の要素が上手く挿入されていて言葉のやりとり、それ自体(台本)が非常によく練られたものであることが判る。このあたり新しいメディア、テレビという媒体に若い情熱を傾けた多くの方々、その努力、意気込みが伝わってくるようだ。単にやっつけ仕事でしかない現在のバラエティ番組とは(創作のレベルで)一段違うという感じがする。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...