Loading...

「大阪市民は結局「損」をするのか 」(超人大陸・藤井聡教授シリーズ2)

19,505 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 1, 2015

超人大陸2015年3月2日号 藤井教授の大阪都構想(2):大阪市民は結局「損」をするのか(話者:京都大学大学院教授 藤井聡)
超人大陸 http://www.choujintairiku.com/fujii-t...
内容:
・1:20頃~ 大阪市民にとっての2つの重大問題の概説

・3:30頃~ 「大阪市民が2200億円分の財源と権限を失う」ことについての解説
(6:10頃「買ってくれるからえやないか、っちゅうことですけど、自分で買えなくなるっていうのは事実ですから、それが自治を失うっていうことであります」)

・6:25頃~ 「大阪市民の2200億円が『流用』される」という話
(8:5頃「都構想が実現してできあがるシステムというものをしっかりとこう見ると、2200億円の水をこう例えばバケツにしゅーっと入れたら、水がもれへんようにちゃんと大阪市のために使うとゆーてはるんですけど、しゅうっと水をいれたら、バケツから水がぴゃーっと抜けていく穴が一杯空いてますやん、というのが見えてくるんですよ」
(9:15頃「行政的タテマエっていうぼは、常に信用できるとは限らない。」)

9:40頃~ 大阪市民の2200億円が『流用』される「理由」の解説
  理由1:2200億円は大阪府の予算になる。
  理由2:「特別会計でのチェック」は現実的に言って、絶望的。
  理由3」2200億円を何に使うかについてはかなり「解釈可能性が高い」

17:00頃~ 大阪市民が「損」をするという話

Comments are turned off
Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...