Loading...

H20-13 宅建みやざき塾 借地 重要過去問題解説

7,065 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 14, 2013

借地は、毎年1問出題され、しかも受験生の間で差が付く問題です。
合格へ向けての勝負テーマ!バッチリ攻略しましょう(*^^)v

H20-13
Aが所有している甲土地を平置きの駐車場用地として利用しようとするBに貸す場合と、 一時使用目的ではなく建物所有目的を有するCに貸す場合とに関する次の記述のうち、 民法及び借地借家法の規定によれば、 正しいものはどれか。
1 AB間の土地賃貸借契約の期間は、 AB間で60年と合意すればそのとおり有効であるのに対して、 AC間の土地賃貸借契約の期間は、 50年が上限である。
2 土地賃貸借契約の期間満了後に、 Bが甲土地の使用を継続していてもAB間の賃貸借契約が更新したものと推定されることはないのに対し、 期間満了後にCが甲土地の使用を継続した場合には、 AC間の賃貸借契約が更新されたものとみなされることがある。
3 土地賃貸借契約の期間を定めなかった場合、 Aは、 Bに対しては、 賃貸借契約開始から1年が経過すればいつでも解約の申入れをすることができるのに対し、 Cに対しては、 賃貸借契約開始から30年が経過しなければ解約の申入れをすることができない。
4 AB間の土地賃貸借契約を書面で行っても、 Bが賃借権の登記をしないままAが甲土地をDに売却してしまえばBはDに対して賃借権を対抗できないのに対し、 AC間の土地賃貸借契約を口頭で行っても、 Cが甲土地上にC所有の登記を行った建物を有していれば、 Aが甲土地をDに売却してもCはDに対して賃借権を対抗できる。

今年の宅建試験合格に、ぜひお役立てください♪
いっしょにがんばって、絶対に合格しましょう(*^^)v

宅建みやざき塾(DVDなど)
http://takken-miyazakijuku.com/index....

みやざきの宅建ブログ 『宅建合格らくらくナビ』
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...