Loading...

美人運転士( Female operation) 特急やくも5号 HD JR西日本 前面展望 ゆったりやくも381系電車 山陽本線・伯備線・山陰本線 岡山 -- 米子

749,201 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 21, 2013

特急「やくも」は、1972年3月に山陽新幹線岡山開業に伴い京阪神から山陰地方中部へ行くには岡山駅経由のルートが最速となったことから、岡山駅 - 出雲市駅・益田駅間で運転を開始。1975年3月にはエル特急に指定された。当時は気動車で運転されており、一名称の全列車が気動車の「エル特急」に指定されたのは初めてのケースとなった。

1982年7月に伯備線全線と山陰本線伯耆大山駅 - 知井宮駅(現在の西出雲駅)間の電化により電車で運転され、これと引き換えに益田駅発着の列車を廃止した。1988年には瀬戸大橋線経由の臨時列車として高松駅発着の列車や、1990年には国際花と緑の博覧会(花の万博)への輸送対策として大阪駅 - 岡山駅間を延長運転した列車も運転された。
「やくも」の列車名としては、1959年9月には米子駅 - 博多駅間を山陰本線・山陽本線・鹿児島本線経由で運行する準急列車に使用され、1965年11月に新設された新大阪駅 - 浜田駅間(福知山線・山陰本線経由)の特急に使用されるようになったが、1972年3月に山陽新幹線岡山開業によって、伯備線経由の特急に使用されることになった。

列車名の由来:島根県東部の旧国名である出雲にかかる枕詞の「八雲立つ」(やくもたつ)にちなむ。そのため、島根県東部を発着する列車に命名される事例が多い。

1982年7月から後藤総合車両所に所属する381系電車が使用されている。このうち、8往復の1号車にはパノラマ型グリーン車を連結した編成で運転される。原則として4両で運転されているが、6両または9両で運転する場合もある。

2007年4月3日より、順次座席改善や喫煙室の設置(ただし、2009年6月以降喫煙ルームも廃止され、全車禁煙化)など、総額20億円弱の工事費をかけた大規模更新工事が行われ、2010年8月2日から全列車がリニューアルした「ゆったりやくも」で運転されている。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...