Loading...

岩田剛典、猛スピードで雪にダイブ「危なかった」 「CINEMA FIGHTERS」プレミア上映会2

16,768 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 8, 2017

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_c...

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんが11月8日、東京都内で開かれたショートフィルムプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」のプレミア上映会に登場した。司会から「監督に一言」と振られた岩田さんは、自身が主演した一編「SWAN SONG」(落合賢監督)で、机をそりの代わりにして雪原を下るシーンを「現場の雰囲気で『やっちゃおうか』となりましたが、あれは危なかった。スピードも出ていたし、シャレにならなかった」と振り返った。

 岩田さんは、そりのシーンについて「桜庭(ななみ)さんと2人でしたが、(そりの)止め方も分からないし、そもそもスピードも出てるから足でも止められず、雪にダイブしていました。2人ともケガがなくてよかったです」と苦笑い。そのときに監督は、スノーモービルに乗ってそりの横を並走していたといい、岩田さんは「(監督には雪のダイブを)1回味わってもらいたいですね」と話して、観客の笑いを誘った。上映会には、「CINEMA FIGHTERS」の映画「パラレルワールド」に出演するE-girlsの石井杏奈さんも出席した。

 「CINEMA FIGHTERS」は、LDHの「EXILE TRIBE」の曲をモチーフに、メンバーが出演する全6作のショートフィルムを製作するプロジェクト。映画「SWAN SONG」(落合賢監督、約17分)は、EXILEの曲「Heavenly White」が原案。大寒波に襲われた東京を舞台に、深い雪に覆われた無人の街を親友(桜庭さん)と共に歩く……というストーリー。来年1月26日に公開される。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...