Loading...

9.16 (土) 公開[あさがくるまえに]予告編ロングバージョン

2,853 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 24, 2017

あさがくるまえに
Réparer les vivants

9月16日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
URL: www.reallylikefilms.com/asakuru

***********

デミアン・チャゼル[ラ・ラ・ランド]、
グザヴィエ・ドラン[たかが世界の終わり]、
ミア・ハンセン=ラブ[未来よ こんにちは]──

ミレミアム世代の台頭目覚ましい映画界に、
フランスから気鋭の女性監督カテル・キレヴェレ、
待望の本格的日本初上陸 !

夜明け前、彼女がまだまどろみの中にいるベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモン。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻きこまれ、脳死と判定される。医師は両親に。移植を待つ患者のために臓器の提供を求めるのだが、その時間の猶予は限られていた‥‥。

前二作がカンヌ国際映画祭に正式出品されるなど、気鋭の新人監督として注目されるカテル・キレヴェレの、最新作にして日本初の劇場公開作。2003年に出版されたメイリス・ド・ケランガルのベストセラー小説を映画化した本作は、心臓移植という“現実”に直面した家族、恋人たち、医者たちの心の揺れや葛藤を、たった一日の物語として、女性らしい繊細さで描いたヒューマンドラマ。出演は、タハール・ラヒム(『ダゲレオタイプの女』)、エマニュエル・セニエ(『毛皮のヴィーナス』)、アンヌ・ドルヴァル(『Mommy/マミー』)らヨーロッパを代表する実力派キャストたち。愛する人へのそれぞれの想いが静かに溢れ出すクライマックスは、あなたの心を深く揺さぶるに違いない。

2016年
ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティコンペティション選出
トロント国際映画祭オフィシャルセレクション

監督:カテル・キレヴェレ 脚本:カテル・キレヴェレ、ジル・トーラン
原作:メイリス・ド・ケランガル 撮影監督:トマ・アラリ 
出演:タハール・ラヒム、エマニュエル・セニエ、アンヌ・ドルヴァル、ドミニク・ブラン、ギャバン・ヴァルデ
2016年/フランス=ベルギー/カラー/104分/スコープ・サイズ/DCP / 日本語字幕:寺尾次郎
© Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

提供:リアリーライクフィルムズ + ワコー
配給:リアリーライクフィルムズ + コピアポア・フィルム

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...