Loading...

トロッタの会『宇の言葉』

36 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 20, 2011

2009年9月27日(日)、エレクトーンシティ渋谷での第9回「トロッタの会」より。
橘川琢 作曲、木部与巴仁 詩『宇の言葉』(2009)ヴァイオリン 戸塚ふみ代、詩唱 木部与巴仁
【曲紹介】短い詩を書きたいと思った。長い、物語になった詩を書いていたころなので、その反動として。書いたのは桜の季節。現実に、桜の下で、つまり外で書いた。千駄ケ谷の、古い神社の境内に咲いた満開の桜を思い出す。詩を書く私の手元に、桜が散った。だから「花見」という言葉が現われるのだ。花は宇宙に咲いている。地球は宇宙にあるから。三篇の詩を橘川が音楽にした背景には、思いもよらぬ展開があった。予定していた曲がある事情で演奏できなくなり、急遽、一夜で新曲を用意しなければならなくなった。そこで書いたのが、「七角星雲」「光うた」「火の山」を組んだ"宇の言葉"である。"宇"は宇宙のウであり、果てなく大きな世界を表わすが、そのような詩を、私は書けたのだろうか。〈K〉

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...