Loading...

【PV】「Pellicule」by 不可思議/wonderboy

1,929,409 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Uploaded on Apr 14, 2011

急逝から3年。24歳でこの世を去った孤高のポエトリーラッパー・不可思議/wond­erboy。 死後残された衝撃的な映像によってyoutubeを中心にファンが増加、近年音楽関係­者のみならず、多くの若者にその存在が知られてきました。 不可思議/wonderboyは、どんな人物で、何を考え何を伝えようとし­ていたの­か? 未発表のライブ映像、関係者の証言で贈るドキュメンタリーミュージックムービー。 監督は、PerfumeやサカナクションのPVを手がける注目の映像ディレクター・関­­和亮。 2015年2月公開!

*****
2015年3月より全国上映開始。
前代未聞の《配給・興行者募集型》での全国上映はチケットが早々に売り切れ続出中です。
チケットのご予約はお早めに。

最新情報はこちらから
https://www.facebook.com/LivingBehavi...

©2014「Living Behavior- 不可思議/wonderboy 人生の記録」製作委員会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2011年五月発売予定の不可思議/wonderboyのアルバム「ラブリー・ラビリンス」からの一曲を路上ライブにて披露

directed by Paranel

2011 LOW HIGH WHO? PRODUCTION
http://www.lowhighwho.com

---------------------------------------------------------------------------------


不可思議/wonderboy 1st Album
「ラブリー・ラビリンス」
価格:1,575円(tax in)
品番:LHWCD-0001
フォーマット:CD

≪作品紹介≫
人生の迷宮を愛してしまった男のポエトリーラップ。至極の11篇。
YouTubeにアップされた「世界征服やめた」から2年。
迷わず、迷い続けるポエトリーラッパー、不可思議/wonderboyの1stAlbumがついにリリース。

銀河鉄道のレールをつくる男とそれを待つ恋人の手紙のやりとりを描く「銀河鉄道の夜」、はるか昔、南方の島々を旅する旅人が魂を研ぐ老人に出会う「タマトギ」、いつまでたっても帰って来ない友人を待ち続ける「Pellicule」など11篇を収録。2011年、ポエトリーラップの決定盤。

≪曲目/トラックメイカー≫

01.もしもこの世に言葉がなければ
Produced by Yuji Otani

02.未知との遭遇
Produced by soegi

03.銀河鉄道の夜
Produced by Yuji Otani

04.迷宮Ⅰ
Produced by Paranel(LOW HIGH WHO? PRODUCTION) ,Poetry Reading by ぬくみりゑ

05.タマトギ
Produced by Young-G(stillichimiya/おみゆきCHANNEL)

06.君(能動的3年間)

07.風よ吹け
Produced by EeMu(LOW HIGH WHO? PRODUCTION)

08.偽物の街
Produced by Solvents and orbits(LOW HIGH WHO? PRODUCTION)

09.Pellicule
Produced by 観音クリエイション

10.迷宮Ⅱ
Produced by Paranel(LOW HIGH WHO? PRODUCTION),Poetry Reading by ぬくみりゑ

11.いつか来るその日のために
Produced by Yuji Otani

言わずと知れたstillichimiyaのビートメイカーYoung-Gがスピリチャルかつ力強いビートで「タマトギ」を、神門のプロデュースで知られる観音クリエイションが淡く切ないピアノで「Pellicule」を、Shing02のリミックスや、haiiro de rossi、さらにはTBSドラマ「SPEC」など多彩なサウンドプロデュースで知られるEeMuが「風よ吹け」を、同じく「SPEC」にサントラを提供したSolvents and orbitsが繊細なピアノと圧倒的な展開力を駆使して「偽物の街」を、ドラマチックな旋律でトラックを組み上げ、自作曲のみでライブも行い、クラブシーンでその名を知られるsoegiが「未知との遭遇」をプロデュース。

LHW?代表で術の穴からCOASARU名義でリリースを控えるParanelも2曲を構築。

このアルバムでもっとも多い3曲を提供するYuji Otaniは先月に50枚限定でLHW?から自主製作シングルをリリースし、一晩で完売した「生きる」をプロデュースしている。透明感のある音使いと美しいメロディメイク。サンプリングをせず、すべての旋律を自ら弾き上げることで作り上げるトラックがポエトリーラップを引き立てている。

ジャケットをはじめ、すべてのアートワークをMujina:artの羽尾万里子が手がける。

  • Category

  • License

    • Standard YouTube License

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...