読み込んでいます...

チベットの僧侶「破壊活動していない」

視聴回数 33,371 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

文字起こし

インタラクティブな文字起こしテキストを読み込めませんでした。

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2008/03/27 に公開

中国共産党はうそつき


 中国・チベット自治区の暴動からおよそ2週間、現地入りした取材陣の前で若い僧侶らが涙ながらに「破壊行為は行っていない」と訴えました。

 「中国政府は我々が破壊や強奪、放火をしたと言うが、我々はしてない。政府は我々を信じてない」(ジョカン寺の僧侶)

 ラサに入ったのは、中国側が指名した外国メディアなど19社で、27日、寺院を取材した際、およそ30人の若い僧侶が「政府の言っていることはウソだ」などと訴えました。

 今回の取材は中国側が手配したものですが、こうした事態については、中国外務省も予想していなかったとみえ、秦剛報道官は、訴えについて「根拠もなく、無責任な発言で事実ではない」と、僧侶たちを批判しました。(27日20:17

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...