Loading...

【動画完全収録】血液問題に関する行政交渉と記者会見 パッチTV

5,149 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 18, 2014

血液を輸血するのは臓器移植の拒絶反応リスクを起こす。 輸血は発がん処置になる。死亡する可能性が高い危険な輸血。水分とミネラルの補給だけでブラッドダイヤモンドと言われる輸血の利権が無用になる。アメリカでは無輸血が主流になりつつある。
昔から献血は人の命を救う尊いことだと教えられてボランティア活動の代表格にありました。
ところが、無料で集めたこの血液を一部企業の利潤のためだけに献血活動が利用され、肝心の輸血や血液製剤の必要性のエビデンスに虚偽の疑いが出てきているのです。
覚えてきた常識や、信じてきたことを今一度確認することが求められます。
輸血は臓器移植と同等のリスクがあるのです。
しかも、様々な拒絶反応を抑制するために致死量に近い強力な放射線を血液に浴びせて輸血製剤としています。いわば死んだ血液です。
これを体に入れるのですよ。

「輸血・血液製剤を考え直す」声明文
尾上 泰夫さんの投稿 · 2014年11月18日 22:24
2014-11/18
https://www.facebook.com/notes/patch_...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...