Loading...

政木和三先生(故人)発明品:新旧磁力線発生器の波形同時比較

6,767 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 22, 2013

天才発明家
政木和三先生(故人)発明品
新旧磁力線発生器の波形同時比較の動画です。
(特許第3510016号)

政木先生が20年以上昔に独自でご制作なされた
希少プレミアム価値満点の黒ボディタイプの元祖初期型で
実父がご生前の政木先生より直接授かった形見の品となる
超強力磁力線発生器(政木研究所制作)と
この度、
自然科学などの実験用として新たに開発された
強力磁力線発生装置試作キットの部品販売
組み立て完成品(京都部品様お取扱い)との
波形同時比較動画です。

計測に使用している年代物のオシロスコープは
20年以上昔に実父がご生前の政木先生より授かった
こちらも同じく貴重な政木先生の形見の品なのであります。
(先生が実際に研究室でご使用なされていた代物です。)

ご覧の通り
新旧共に殆ど同一の二相性活動電位波形を発しています。

尚、
新機器は旧式タイプよりも全てに於いて格段に機能が安定化した
更なる理想的なバージョンアップタイプへと進化しています。


≪旧式タイプからの改良点≫

1.政木先生がご提唱なさっていました二相性活動電位波形を
  より忠実に政木理論・原理を再現するため新たに再設計し
  波形の安定度が倍増する様にマイコン制御にて更に進化させ
  旧式アナログ機器特有の発生ノイズを軽減させました。
《注意》ただし、コイルから発生する音の大小は、機器の性能とは全く関係ありません。

2.それにより、旧式のアナログ機器は気温の寒暖に影響され、
  また、長時間の使用で波形間隔が不安定になっていたものが
  新機器ではデジタル制御で均一安定化する様に
  改良されました。
  (ご覧の通り、旧式タイプは冬場の寒さの為、
   波形の間隔が若干広くなっていますが、
   夏場になると波形の間隔が狭くなります。)

3.新機器のボディが大きくなったのは空冷放熱機能を
  更に充実・増強させる為に施した改良点となっています。
  (旧式の故障原因に対処したボディの大きさです)

以上、
政木先生の魂が脈々と受け継がれた
嘘偽りのない"本物"という証明を裏付ける動画のご案内でした。

ブログ『真理は自然の中に在り』
http://ameblo.jp/koji-kitano/

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...