Loading...

東京操体フォーラムセミナーより(上肢の回旋と膝の傾倒1)

4,091 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 11, 2010

2010年2月11日(木)行徳ゴールドジムで開催された「臨床家による操体セミナー」より。操体のポイントは『末端から動きを表現すること』。膝を倒すのが目的ではなく、両手の動きからからだの中心腰、首、全身へと連動が波及していく。これは、従来の『楽か辛いかを比較対照して、楽な方に瞬間急速脱力する』第1分析ではなく、『ひとつひとつの動きに快適感覚をききわけさせる』第2分析である。快適感覚とは、これくらいゆっくり表現しないとききわけることができない。なお「きもちよさを探して」動いているのではなく、「動きを表現してみて(動診)」、快適感覚がききわけられたら(診断)、そのきもちよさを味わう(操法)という順番を踏む。なお、言葉の誘導は操体の創始者、橋本敬三の直弟子、東京操体フォーラム理事長の三浦寛である。

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...