Loading...

菅沼孝三&天地雅楽ドラムコンテスト プロドラマー川口千里 デモ演奏

1,068,747 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 14, 2012

菅沼孝三&天地雅楽ドラムコンテスト
プロドラマー川口千里によるデモ演奏
「疾きこと風の如く」

<ドラマー 川口千里>
1997年(平成9年)愛知県生まれ。両親ともに音楽には無縁であったが、機械好きな父親が買ってきたYAMAHAの電子ドラムDTXpress2を、おもちゃと思って演奏し始めたのがドラムを始めたきっかけだという[1]。こうして5歳からドラムを始め、8歳より「手数王」こと菅沼孝三に師事。ドラム専門誌「リズム&ドラム・マガジン」主催の第9回ドラム・コンテスト(2006年(平成18年))で敢闘賞、第10回(2007年(平成19年))では準グランプリを受賞。2008年(平成20年)5月31日には日本テレビ「全力!Tunes」に出演。2009年(平成21年)1月には地元の音楽シーンを紹介するCTYの「Sound view」に出演するなど、メディアで紹介されるようになる。
2009年(平成21年)2月6日には菅沼がメンバーである矢堀孝一のユニットFRAGILEとのセッションDVD「HOROSCOPE」が発売され、当時まだ小学生の時点で「すでにしなやかな感性を表現できる域に達している」と評される[2]。
2010年(平成22年)には、世界的なドラムサイト「ドラマーワールド」の女性ドラマー部門に"13 years old..."というフレーズ付きで取り上げられ、専用ページが設けられた[3]。
また、同年10月23日に開催されたドラム・マガジン・フェスティバル2010(第2回開催)に、同フェスティバル前年出演の平陸(当時14歳)[4]、同誌主催最強プレイヤーズコンテスト2009優勝者の内田龍芽(当時10歳)[5]と共にキッズ・ドラマー・セッションに出演、フェスティバルのオープニングアクトを務める。「安定感のあるビート」「会場を沸かせた大人顔負けの超絶パフォーマンス」と評される[6]。
その後も菅沼孝三の手ほどきを受けつつ、学業と両立させながらFRAGILEとのツアーなどセッションワークを中心に活動しており、2011年(平成23年)7月からはリーダーとしての活動も本格的に開始している。

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...