Loading...

ディンプルアートの上手な描き方 -おもしろ凸凹絵の具

210,950 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 5, 2011

あら不思議!!
乾くと自然にディンプル模様が出現します。ディンプルとは、英語 dimple で「さざなみ・えくぼ」の意味。
自動車フロントガラスの飛散防止のために中間膜素材として採用されているポリビニルブ­チラールを配合樹脂成分として開発、商品化された絵の具「ディンプルアート・カラー」­は、特許、商標登録も取れている優れもので、次のような様々な特長をもっています。

①筆やパレットを使わずにタッチペン感覚でつけ塗り、
②ガラス、プラスチック、金属、タイルなど、硬くてツルツルした素材に描ける、
③アルコール系で乾きが早い(約30分)、
④乾くと自然に凹凸が現れる、
⑤色鮮やかで、混色自由、
⑥クリアで無限に透明感が表現できる、
⑦つや、光沢に優れている、
⑧シール状にはがせ、修正も簡単、
⑨耐熱性、耐候性が良好、
⑩水で固まり、後片付けが簡単 など。

アイデア次第で様々な応用が可能です。たとえば、ステンドグラス調に仕上げ、建築用装­飾窓として楽しめます。
糊いらずに貼れるシールが作れ、ウィンドウディスプレイとして楽しめます。また、熱に­強いことを利用して照明スタンドで楽しめます。さらに、Tシャツなどの布地にもにじみ­なく、鮮明に描け、洗濯しても漂白しても色落ちがほとんどありません。
ただし、紙や布などの繊維質には浸透するため、ディンプル模様は出ません。衣類に着け­ると落ちないのでくれぐれもご注意を。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...