Loading...

H16-23 宅地造成等規制法 宅建みやざき塾 重要過去問題解説

8,041 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 9, 2014

宅地造成等規制法で必ず押さえなければならない重要テーマについて、ゴロ合わせを紹介しています♪
今年の宅建試験合格に、ぜひお役立てください♪
一緒に頑張って、絶対に合格しましょう(*^^)v

H16-23
宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、 誤っているものはどれか。 なお、 この問における都道府県知事とは、 地方自治法に基づく指定都市、 中核市、 特例市にあってはその長をいうものとする。
1 宅地を宅地以外の土地にするために行う土地の形質の変更は、 宅地造成に該当しない。
2 都道府県知事は、 宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事についての許可に、 当該工事の施行に伴う災害の防止その他良好な都市環境の形成のために必要と認める場合にあっては、 条件を付することができる。
3 宅地以外の土地を宅地にするための切土であって、 当該切土を行う土地の面積が400㎡であり、 かつ、 高さが1mの崖を生ずることとなる土地の形質の変更は、 宅地造成に該当しない。
4 宅地以外の土地を宅地にするための盛土であって、 当該盛土を行う土地の面積が1,000㎡であり、 かつ、 高さが80㎝の崖を生ずることとなる土地の形質の変更は、 宅地造成に該当する。


☆DVD宅建みやざき塾は、SHOP CUBEにてお求めいただくことができます(^_^)/
http://shop.select-cube.co.jp/index.html
※お問い合わせは、SHOP CUBEへお願い申し上げます。


みやざきの宅建ブログ 『宅建合格らくらくナビ』
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...