Loading...

【歌詞付き】 横浜市歌 高音質

536,801 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Aug 28, 2012

横浜市歌は1909年(明治42年)に作られました。
作詞:森林太郎(森鴎外) 作曲:南能衛
横浜市立の小・中学校,高校では入学式や卒業式に歌います。 続き↓↓

【歌詞】
わが日の本は島國よ 朝日輝ふ海に
連り峙つ島々なれば あらゆる國より舟こそ通へ
されば港の数多かれど 此横濱に優るあらめや
むかし思へば苫屋の烟 ちらりほらりと立てりし處
今は百舟百千舟 泊る處ぞ見よや
果なく榮えて行くらん御代を 飾る寶も入り來る港

【現代語訳】
わが国日本は島国です。
朝日が輝く海に,連なりそびえる島々なので,あらゆる国から船が通ってくるのです。それゆえ,港の数は多いのでしょうが,この横浜に勝る港はないでしょう。
昔を思えば,この横浜は,粗末な家から炊事の煙がちらほらと立つ寂しいところでした。
しかし,ご覧なさい,今や多くの船が停泊する活気ある港となりました。
この果てしなく栄えてゆく世を彩る文物が,今日も横浜港から入ってきます。

------------------------------------------------------------------------------------------------

☆Twitter☆
https://twitter.com/sotetsu_akb?lang=ja

☆鉄道・AKB48関連専門Channel!!☆
https://www.youtube.com/channel/UCr6E...

☆相鉄電車の気まぐれブログ☆
http://ameblo.jp/sotetsu7000-fan/

チャンネル登録・ツイッターフォローしてね!!

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...