Loading...

ホリエモンは世間が憧れる大成功はできません

19 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 21, 2017

人数制限のお試し企画。初月無料。X-Jr.コピーライター養成スクールはコチラ→https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopy...

堀江貴文さんの紹介は調べたらわかるので詳しくはいたしません。

1972年、福岡県八女市生まれ。実業家、株式会社ライブドア元代表取締役CEO、SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
ライブドア代表取締役CEOだった2006年、証券取引法違反で逮捕され、懲役2年6ヶ月の実刑判決が下る。2011年6月収監、13年3月仮釈放、同年11月刑期満了。
現在は、ロケットエンジンの開発を中心に、スマホアプリのプロデュース、有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の配信、会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」の運営など、幅広く活躍。
著書に『拝金』『成金』『君がオヤジになる前に』『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』『君はどこにでも行ける』(以上、徳間書店)、『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』(ダイヤモンド社)、『本音で生きる』(SB新書)、『99%の会社はいらない』(ベスト新書)、『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』(小学館)、『なんでお店が儲からないのかを僕が解決する』(ぴあ)など多数。
私は彼を情報発信のプロだと思っています。

他はどうもという感じなのですが、情報発信の視点で彼を尊敬する理由について語ります。


■時代の寵児、逮捕、復活とV字を歩む

ご存知なので詳細は話しませんが、なんかV字な人生が有名になる要素のようです。

逮捕までの彼の歩みは褒められたものではないと思います。

最後までかけられた罪への直接的な関与は否定していましたが、ビジネスにおける経営者ですからね。

ニュースやプレスリリース・広報などみていて、そもそも法に触れるギリギリでビジネスをやってることが疑問でした。


逮捕からの後の行動は目をみはるものがありますね。


逮捕される前から、自分の軌跡を多くの人に知ってもらおうと、常にメディアに情報がながれるようにつとめていたように思います。


逮捕されて服役を課されたことに紳士に従い、逆に独りよがりを反省して、世間の模範となる行動をとられたことが世間で再評価されるきっかけとなりました。


そしてこれまでに至るのですが、彼の歩みを見ていると常にあるキーワードが目に浮かびます。


逮捕されたことは彼は法という権力に立ち向かうギリギリのことにチャレンジしています。

反権力ともとれる行動を感じます。


復活されるまでの行動を見ると、世間で模範となれるような行動をして情報を発信しつづける様子が目にとれます。

大衆を味方につける行動ですね。


そして好きなことを仕事に言われるくらい、あらゆる興味あることに取り組む姿勢が感じられます。

自分のわくわくを大切にしている行動ですね。

この続きやブログにて→http://copywritingchallenge.hatenablo...

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...