Loading...

The Blue Hearts "手紙 Letter" 凸凹 オーケストラ 歌詞 English subtitles

97,255 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 8, 2015

ザ・ブルーハーツ「手紙 Tegami - Letter」
~でこぼこツアー with Orchestra オーケストラ

(作詞・作曲) マーシー (Lyrics & Music) Marcy, the guitarist
0:53 "spreads on the Jungle-gym" = "spreads over the Jungle-gym"

・イーストウエスト・ジャパン→ワーナー http://wmg.jp/artist/bluehearts/
・トライエム http://www.tri-m.co.jp/artists/blue_h...

In the 7th Album "DUG OUT 凹" July 10, 1993. Pairing with the 6th "STICK OUT 凸" such mood in each.

* 凸凹 Deko-Boko = Kanji phrase "Unevenness". There's also 凹凸 Ou-Totsu for a public-use.

* Virginia Woolf = An English woman writer (1882 - 1941). I don't read her nor put value to ABC Dolls who lack Mother's womb & hood biologically & practically.

* Summer = The most longing season to bloom joys underneath the sun in Japan since the days of Zipangu full of festa (vs. United Stalkers Amerigo/Anonymous/Anti-God. Chucky for Dolls).


■アルバム七枚目「DUG OUT 凹ぼこ」~1993年7月10日発売に収録。六枚目「STICK OUT 凸でこ」と対。行け行け凸とまったり凹ですが、そうでないのもあり。これは「夕暮れ」と並んでまったりでした。

春のまだ肌寒い頃に聴くと、陽だまりの景色が広がりました。マーシーが描いた夏の景色?
独特の文学テイストあり。オーケストラ(主にバイオリン)と協演したところが、さすがだと思いました。私はオーケストラが苦手ですが。

■バージニア・ウルフは19~20世紀のイギリスの女性小説家、活動家。彼女の作品に「めのう」が出てくる訳でなく、不明。「意識の流れ」や「内的独白@独り言」を用いた/面倒そうな話や、家庭が複雑で精神を病んだ云々。その心理洞察をもじった米ミュージカル「バージニア・ウルフなんか怖くない」等。

※ウルフや雷鳥は時代の暗黒ゆえ。女性が太陽だったら→生命が焦げます。
万葉集の景色を忘れて日本の神話を歪めた時代。宙に浮いた話に手を伸ばす地上の紅いエネルギーがNG母体。私はロケットや宇宙の話が苦手…もはやアンチです。
ヒラリーが何か講演していましたが、あの時代から女性を語るなら せめて与謝野晶子(←雷鳥と論争)や金子みすずでは。
(原題) 70年以内に個人主義の自分が女性を証明すればいい。

来日前に学者に注入されたハリボテ知識で、誰も呼んでいないのに、おNuな宣教活動@欧州貴族の浮遊外交。
19世紀に米人はキリスト教会を建て始めた(vs 英はCo Ltd)。いつも背後にフランス欧州。
英センスが不在(獣の血のみ)のUSA&国連。19世紀に諸悪フランス聖女は軍事で米を後押し&イギリスいじめの欧州内戦を日本でも始めた。世界中でそれ。
(元凶) ヨーロッパは永遠に「自己統一@誕生のための戦国時代」。種も母胎もなく、神話の姫の自我でボッキ。言語も確立せず「Uni ユニゆに」連発。自前の民=下地も皆無。ただの寄生虫。

講演で一緒にいたケネディ(米代表で唯一のカトリック家)の方が人間ゆえ、その生い立ちから人間不信。命が生まれて→過去の知識を詰め込む=支配されるなんてあり得ない。孔子然り。
(東西の固定世界) 西洋の学歴主義=中国の科挙制度。自由資本主義=中国の商人・成功主義。後者は一応、自前の下地。

それ用の脳内論が生まれた古代闇。人間欲/下半身中心。生命の真理の探究や他の生物が不在。夜明け前DNAは お日様DNAに追い付けない。
貝殻もナイフも人生の傍らで、二本の手で扱ってナンボ&最後は土に還す。中国から千年遅れて自称・新理念のEU国連の奴隷、資源、土壌@母胎は単に地球全体に網を広げただけ。フランス人ピケティは「原発奴隷、日本ありき」の脳内論。

女性を論じる前に「あなたが乗って来た米軍を(恒久同盟中の中華軍と共に世界中から)退けろ」という事実。
自分の罪@命の核心に向き合わないから人生や国が始まらない=フレーズ連呼 for Want Need Lack。英語を盾(公用語)に背後から故ギリシャ理念EU連発。

マーシーが「70年は一瞬の夢」と歌っていたのを思い出しました。まったり凹む歌でした。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...