Loading...

鶯籠 - 1995 A.D. [ Lyric Video ]

4,084 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 28, 2019

7月16日(火)タワーレコード渋谷店にて鶯籠 3rd アルバム「PAN」発売イベント決定!
リリースイベント詳細 ⇒ (https://toricago.info/schedule/detail...

----------------------------------------------------------------------------------------

鶯籠 過去最大規模となる
東名阪 CLUB QUATTROツアー 2019` 夏
「若者のすべて」開催が決定!

▼公演詳細はこちらから
https://toricago.info/topics/detail/i...

6/22(土)渋谷CLUB QUATTRO
6/30(日)梅田CLUB QUATTRO
7/20(土)名古屋CLUB QUATTRO
8月ファイナル公演予定(東京)

----------------------------------------------------------------------------------------
公式HP http://toricago.info/
公式Twitter https://twitter.com/toricago_o
----------------------------------------------------------------------------------------

「1995 A.D.」
作詞:鶯籠 作編曲:鶯籠

風が啼き 鐘が鳴る 遠くから聞こえてくるのは 誰の声
毒消しと 滿月の草 ぶら下げて 森を越えて 海を越えて

ニセモノの翼で逃げるなんて 臆病風 吹かすなら
僕はもう 勇者の 資格もない 誰も救えない イキり

主人公は喋らないの 思いも言葉も
全てが僕だけのものだ 僕だけが決められる物語 描いて

この 世界 変わるなら あの夢の続きでありたい もう何度
あの景色 地図にして 頭の中で妄想して いたのだろう

街灯も 枯れ葉も 不思議なほど 輝いて見える だから
今 見える 色さえ あの世界に 繋がる そう 信じてた

死んでもいい 心奪われ 惹かれていた 蒼空に
僕は 何度 願い呟いた 瞬きすれば 広がる異世界

何もない 真っ白の 部屋に 光る 手探りの線を伸ばす
時の最果てまで 行ける道は 風の憧憬が響く

変な 夢を 見ていたんだ 魔物 と旅の夢

誰も 知らない 僕だけの世界 歯車が今 回り動き出す
主人公は 見据える 未来を 時を越えて 今 彼方へ

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...