Loading...

自論公論 2015.03.02

122 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 2, 2015

【2015年3月 自論公論】
日本文明というものは世界の中でも一番古い文明の国ですが、その中における日本の国家観は
「精霊崇拝」「自然崇拝」「祖先崇拝」の3つです。
それぞれに命が宿り、それぞれに価値がある、八百万の神ということになる。
命に対してのご供養を大切にしてきた。その命の奇跡、命そのものを祀る。
こういう価値観を失ってきたところに、日本の根源的な病理があるように思える。
日本文明の礎にある祈りというものを復活させるべきではないか。

~動画より抜粋

■今年の財団活動として
「むすひ to the world」
「むすひ24 to the Japan」
を始動しました。
※国づくり人づくり財団サイトにて、後日掲載いたします。

■「檄」シリーズ
・誇れる国づくり魅力ある人づくり
・宇宙森羅万象の普遍性むすひを礎とする日本十二単衣共生文明・文化の包括的価値体系論
・祀祭政一致の9つの立国構想
・日本を甦らせる24の再生
※詳しくは国づくり人づくり財団サイトをご覧ください。
http://syusei.net/publication/publica...

■新刊発売
・日本十二単衣共生文明・文化のもと国づくり人づくりビックバンを起こせ
※詳しくは国づくり人づくり財団サイトをご覧ください。
http://www.kunidukuri-hitodukuri.jp/s...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...