Loading...

幸運な病のレシピ( 938 )夜:後片付けを科学する なぜ重要なのだろうか?

26 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 21, 2019

https://masaya50.hatenadiary.jp/entry...
僕は筋金入りの糖尿病患者(笑)。2015年には失明を宣告された。
食事療法(?)をする事で、インスリンも薬も使わないで元気だ。
長い間の糖尿病の生活の中で「食事療法には家族の協力が必要だ」という事をよく聞いた。
では、家族が居なくなったらどうなるのだろうか?

スーパーで「おにぎりと缶酎ハイ」を買っている老人を見かける。
男女の平均年齢の差は、人生のパートナーが亡くなった後の余命を意味している。

2015年僕は「仕入れ、調理から後片付け」までのすべての厨房仕事を自分一人で行うと宣言した。
無論家族の食事も作るのである。
それは、人生の最後に自分一人になったときに「ピンピンコロリの人生」を迎える事ができるようにである。

美味しくない、洗い物が汚い、と言われ、子供は口に合わないと食べてくれない。
まさに苦難の道であった。
そして様々な気づきがあって、「私たちが食事を作らない(作れない)」のには合理的な理由があると知った。

今では、妻に「あんたが居ねば生きてられない」と3年前に亡くなった母の声まねをされて、僕は涙ぐむ。

商品化され、価格をつけられた食事は「生活習慣病」と呼ばれる災厄を招く。
炭水化物が悪者なわけでも、何か特定の足りないもの(魔法の食品やサプリメント)があるわけでも、ない。

かつて、食事を素材から「家族というシェルターに記憶されたノウハウ」に従って作っていた時代はもう帰ってこない。

自分で素材から作る事、自分(=家族)にマッチした食事は自分(=家族)にしか作れない。
やがて一人になったときも、作った食事を並べた食卓には、家族の姿が見える。

僕は母の姿を思いながら父の食事を作る。

父の食事と僕の食事は骨格が一緒。
89歳の父が元気に長生きする食事は僕の老後の元気のエビデンス(保証)である。
家族のために作る食事はいつか自分に返ってくる。



今日は筆から「おでん」したので夜は何もしなくていい事になった。
その代わり、少し散らかったので、後片付けをしてをして、父の食事を作った。


=======================================
僕は正真正銘の2型糖尿病の患者。高血糖は食事に対する身体の当たり前の反応だ。そして、単なるマーカーでしかない。生活習慣病(ガン、認知症、脳溢血)は食事の反映でしかない。僕のマーカー(血糖値)が正常な食事は生活習慣病から自由になる食事。

「今日の食事が死に方を決める、明日の食事が生き方を決める。」はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/201804...

『炭水化物がいらない食卓』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/201708...

『幸運な病のレシピ 宣言』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/201708...

『幸運な病のレシピ』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/search...

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...