Loading...

トロッタの会『仮面の舞(前半)』

167 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 4, 2011

2009年5月31日(日)、新宿ハーモニックホールでの第8回「トロッタの会」より。今井重幸作曲『ピアノと弦楽四重奏のための「仮面の舞」』 ヴァイオリン・戸塚ふみ代、ヴァイオリン・田口薫、ヴィオラ・仁科拓也、チェロ・伊藤修平、ピアノ・森川あづさ
【作曲者の言葉】幼児期に衝撃的に出会った「舞楽面」以来、「仮面」の幻想的な魅力に取り憑かれ、「埴輪の舞」"Topeng"等の作品を書いた。その後、民族音楽研究で韓国を縦断した折り、その地方の祭で出会った風刺仮面劇と農楽舞の「仮面」が大変印象に残った。この曲は、人間の顔、そして表情を戯画化し、デフォルメした、素朴で原始的な朝鮮半島独特の人面仮面。その強烈なイメージを、「序奏」と「舞の変容」に依って表現した作品。ピアノはチェンバロによっても演奏される。〈今井重幸〉

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...