読み込んでいます...

[明石市営バス 音声] 屁こきバス(おならバス、オナラバス) 車番6195

視聴回数 14,375 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2008/01/21 に公開

【※ご注意】 放屁?音を聴くには、音声の最初だけでなく、必ず後半の、次の停留所(高丘1丁目)に停車(0分39秒)~発車する手前(0分55秒)の辺りまでお聴き下さい。

2005年頃の録音です。
明石市営バスの車両番号6195のバスが乗客乗降のため扉を開けた時に毎回出す珍妙な音を録音したものです。
このバスは、既に廃車されています。

このバスは、車体が西工、エンジンが日産ディーゼルの両開き扉の大型ワンステップバスですが、高丘車庫所属時は、整備不良なのか故障なのか分かりませんが、停車して扉を開けるときに、プシューーの後にプウゥゥゥゥッッという屁(オナラ)のような変な音を毎回出していました。この音を録音したものです。

録音は、高丘7丁目~高丘巡回~大久保駅の路線の中の高丘3丁目(筆者の乗車した停留所)~高丘1丁目付近のごく短いものです。

この録音では、2回バスの扉が開きますが、1回目の高丘3丁目では乗車時間が短すぎて、空気のシューッと抜ける「すかし屁」のような音のみがします。2回目の高丘1丁目のバス停では、乗車時間が長いため、放屁?音がします。

6195の写真は、例えば、↓で見ることができます(製造年が1996年のリンクをご覧下さい)。
http://hakuto.kamomeline.jp/akashi_ci...

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...