Loading...

25周年ムービー「いつか、あたりまえになることを。」

2,111,975 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 17, 2017

Mr.Children&docomoのそれぞれの25周年をテーマとした”25周年ムービー”。
「たったひとつの歌や、たった一本の電話で、人生は大きく変わるらしい。」

▼詳しくはこちらから
https://www.nttdocomo.co.jp/special_c...

【CM概要】
舞台は、25年前の夏。1992年、当時17歳だった主人公の父(高橋一生)と母(黒木 華)との出会いから、
2017年、主人公(清原果耶)が17歳になるまでの四半世紀の物語です。
父の高校生時代は、高杉真宙が演じています。

当時使われていたポケベルや携帯電話が数多く登場。
また、流行していたファッション・メイクはもちろん、携帯ストラップや部屋に置かれた
アナログテレビ、コンポ、雑誌など、細部に至るまで「時代の空気」を忠実に再現しています。
また、これまでの25年間を彩るMr.Childrenのヒット曲の中から、1992年リリースのMr.Childrenデビュー
シングル「君がいた夏」をはじめ、「innocent world」「花-Mement-Mori-」「365日」を使用している他、
エンディングではあえて、まだ歌詞のついていない“デモ音源”(未発表/タイトル未定)を使用しています。
ドコモが、まだ未完成曲の、しかもデモ音源をあえて使用したのには、
この25周年で何かが完成するわけではなく、未来に向かって勇気を持って進化し続けていきたい。
というメッセージが込められています。 
その想いにMr.Childrenも共感し、今回の楽曲提供に協力しました。
ドコモのその想いは、企業スローガンである「いつか、あたりまえになることを。」ともつながるものです。

【音楽】
Mr.Children:君がいた夏/innocent world/花-Mement-Mori-/365日/デモ音源(未発表/タイトル未定)

【出演者】
高橋一生、黒木 華、清原果耶、高杉真宙

Comments are disabled for this video.
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...