Loading...

【閲覧注意】本物のラップ音!映画「心霊病棟」封印音声映像を公開!

29,147 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 27, 2011

鑑賞は自己責任でお願いします。何らかの霊障が起きても当方では一切責任を持てません。
映画「心霊病棟 ささやく死体」(10/7DVDリリース)の、本物の廃墟施設での撮影中、地下室のシーンでラップ音が録音されていたことが、編集で確認されました(映像の0:060:53)。
ドン...ドン...と、何かを叩くような、主演の芳賀優里亜の台詞にかぶるほどの、はっきりとした音でありながら、現場に居合わせたスタッフ、キャストは誰もその音を聞いていません。
監督は仕方なく、このシーンのみ全てスタジオでアフレコを行い、音声を差し替えました。
一度は封印された素材であり、一般に公表すべきものではないかもしれませんが、多くの人の意見を聞きたいという監督の希望もあり、インターネットテレビ局「あっ!とおどろく放送局」の生放送番組内で公開する予定でした。しかし土壇場で番組ディレクターから「何か起きた場合、責任が持てない」と正式に放送を断られました。
その後、公開中の劇場でのイベントで一度だけ上映され、その際、大きなトラブルがなかったこともあり、今回のネット公開に踏み切りました。
なお、映画の初日舞台挨拶で、芳賀は、現地で、このシーンの撮影前後に「子供の声を聞いた」と証言するなど、様々な奇妙な現象に遭遇したことを告白しています。
記事 http://www.stereosound.co.jp/hivi/ido...
今回UPした映像は、アフレコ前の仮編集バージョン。
死体顔のカットのみ別撮りのインサートでホラー風の加工音を付けているため、紛らわしいのでカットしているが、それ以外のシーンの音声は、全て現地での生録音。一切加工していません。
同じ場所で撮影された他のシーンにもラップ音は録音されていましたが、音も小さく、物語進行に支障がないと判断され、そのまま本編に収められています
(この場所は他の作品の撮影でも使われていますが、同時に心霊スポットとしても有名で、霊感の強い人はすぐに何かを感じたり、体に異変を覚えると言います)。
映画「心霊病棟 ささやく死体」10/7(金)DVDセル&レンタル開始。公式サイト http://shinrei-byoutou.amumo.jp/

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...