Loading...

池田こみち:東京23区南部 市民参加の松葉ダイオキシン・重金属調査報告会 E-wave Tokyo

554 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 12, 2013

2013年7月6日、東京都世田谷区で開催しました2013年度の東京都23区南部を対象とした市民参加の松葉を生物指標とした大気中のダイオキシン類及び重金属類の濃度測定についての報告会の動画を公表します。動画はフルハイビジョン(720p)ですので、パワーポインとは細部まで画面上で確認できます。

 今回の調査は1999年から開始されました全国松葉ダイオキシン調査(事務局長 池田こみち、環境総合研究所顧問)の一環として、生活クラブ生活協同組合主催、市民が試料採取、環境総合研究所(東京都目黒区)が調査の全体指揮、超微量測定分析は、カナダ・オンタリオ州ト
ロント郊外にありますマクサム社(カナダ随一の分析機関)が担当しています。

1999年以降、現在まで全国調査には約過去10万人の市民が参加しています。

 今回の調査は、東京都によるプラスチック廃棄物の焼却処理の前後で大気中のダイオキシン類及び水銀など12種の重金属類の濃度がどう変化したかを評価することを目的としています。

 結果は、区により差はあれ間違いなくプラスチック廃棄物を焼却したことにより東京23区南部の大気中のダイオキシン類及び重金属類は悪化していました。とりわけ江東区、大田区でダイオキシン類が顕著に悪化していることが判明しました。また大気中の水銀濃度も悪化している
ことが分かりました。

 報告会当日は、生活クラブ生協の組合員、一般市民、23区の行政関係者、研究者らが参加し、活発な質疑がなされました。

 なお、本調査は1999年以降、通称、国際ダイオキシン会議(学会)、正式名称 International Symposium on Halogenated Environmental Organic Pollutants and POPs に英語の学術論文として発表しており、各国の研究者から注目を集めています。     調査研究費は、23区南生活クラブ生活協同組合およびその組合員、さらに調査対象地域の区議(生活者ネット)、世田谷区でゴミ問題に取り組む「せたがやごみをへらす会」の多くのメンバー、世田谷工場の近くの町会が協力して負担しています。また、環境総合研究所も自主研究として一部の調査費を分担しています。

 動画は調査報告部分のノーカット版、時間は約80分です。

◆池田こみち:東京23区南部、松葉ダイオキシン・重金属調査報告
  独立系メディア E-wave Tokyo  720pフルハイビジョン動画
 http://www.youtube.com/watch?v=iBMjDd...

 以下に全体で51頁に及ぶフルカラーの調査報告書(PDF)があります。

◆★松葉のダイオキシン調査2013.3報告書(23区南生活クラブサイト)
 http://tokyo.seikatsuclub.coop/23ku-m...

-

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...