Loading...

甘酒の作り方(米麹・炊飯器で作る) - How to make Amazake

115,405 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 1, 2013

詳しいレシピはこちら→http://marron-dietrecipe.com/desert/d...
米麹から作る甘酒の作り方です。麹甘酒は、炊飯器の保温機能を使って作ります。お粥と米麹を50~60度に保ち、8時間保温すると酵素の働きで甘くなります。もち米で作るとさらに甘味が増します。甘酒は栄養や健康効果に優れます。
Amazake is a traditional Japanese non-alcoholic beverage made from koji.

【材料(約1リットル分)】
もち米(お米でも)‥‥1合
乾燥米麹‥‥200g
水‥‥400cc
●必要な道具
炊飯器
温度計

【Ingredients】
150g mochi kome or rice
200g dried rice malt(koji)
400cc water
●requires
a rice cooker
a cooking thermometer

【作り方】
1、もち米(お米でも)を洗って炊飯器にセットし、2倍の水分量(2合の目盛)にしてお粥状に炊く。
2、ご飯が炊き上がったら内釜を取り出し、水を1カップ位加えて混ぜ、温度を60度まで下げる。おかゆが熱すぎると、酵素が死滅して甘くなりません。目安として60℃ぐらいまで冷ましましょう。
3、麹が塊なら砕いておく。
4、麹をお粥に加えて混ぜる。
5、残りの水は少し温めて(60℃を超えないように)から加え、混ぜる。
6、内釜を炊飯器にセットし、保温スイッチをオン。間違って炊飯スイッチを押さないで下さい。
7、中の温度を50~60度前後に保ち、フタを開けた状態で竹ざるをのせる。炊飯器の保温機能や室温に応じて、必要ならタオルをかけて下さい。
8、隙間から温度計を差し込んで、時々温度をチェックしましょう。
9、麹は50~60度で甘くなります。50℃以下では酸っぱくなります。60℃以上では甘くなりません。
10、2~3時間ごとにかき混ぜて発酵をよくする。
11、8時間後に味見をして、甘ければ完成です。
12、そのまま常温に置くと発酵が進んで酸味が出ます。出来上がった甘酒は内釜ごと冷水に浸けて冷ますか、保存容器に移し、冷蔵庫に入れて冷ましょう。
13、冷蔵庫で一週間程度保存できます。1ヶ月間冷凍保存もできます。小分けして自然解凍。
14、出来上がったのは甘酒の素です。糖度が高すぎるので、お好みに合わせて水で薄めて飲んで下さい。
15、甘酒と同量の水で薄めて一煮立ちさせたら、生姜の絞り汁を入れて飲むと体が温まります。
16、酸味が進むのを抑えたり、雑菌の繁殖を防ぐために加熱殺菌をすることを火入れといいます。火入れを望まれる方は、完成直後のまだ温かい甘酒を鍋に移し、焦げ付かないようにかき混ぜながら80度(沸騰直前)に上げ、5分ほど温めて下さい。
17、粗熱を取って消毒した容器に移し、冷蔵庫で10日間保存できます。
●注意
糖尿病患者の方は注意して下さい。

【Recipe】
1、Wash the mochi rice and put into a rice cooker. Add water to the 2 cup line and Cook.
2、Remove inner pot from cooker. Pour about 1 cup of cold water and mix. Cool the rice down to 140° F (60 degrees).
3、Crumble the rice koji (chunk types)
4、Add koji and mix.
5、Warm the remaining water and add.
6、Set the inner pot onto the Rice Cooker. Leave the top of the rice cooker open. Press the keep warm button. Do not press the cooking button.
7、Cover with bamboo sieve. Put a towel if necessary. Keep the mixture between 50-60 deg C for 8 hours.
8、Every few hours you must check the temperature.
9、Koji should be about 50-60°C (125°-140° F) to become sweet. If mixture spend an extended period at more than 60 deg C, it won't become sweet. If below 50 deg C, the mixture becomes sour.
10、Stir it every few hours. This improves the consistency and makes it sweeter.
11、Taste it after 8 hours to see if it is becoming sweet. When the mixture is very sweet, it is ready.
12、Cool it in a ice cold bath quickly.
13、Store in the refrigerator. It will keep for about 7 days and it can be frozen for a month. Freeze in small batches for single use.
14、To drink as amazake, dilute it with an equal amount of water.
15、For a hot drink use 1 part of this base with 1 part water, heat and mix well. Top with grated ginger or cinnamon, if desired.
16、Put amazake mixture into a pan and boil it for 5 minutes. But be careful not to scorch it. Do not let the temperature rise above 80 degrees C (176 degrees F). This denatures the enzymes and stops the transformation.
17、Cool down quickly. Put it into a sterilized container. Store in the refrigerator. It will keep for about 10 days.
●Warning
Amazake is not recommendable to some patients.

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...