Loading...

ANS概論(2)海洋底拡大説の破綻とマントル熔融論

6,241 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 18, 2009

石田地震科学研究所開設7周年記念講演(2):
海洋底拡大説は海洋底の調査資料が増えたことにより、多くの疑問が生じている。海洋底には大陸性といわれる花崗岩が存在しているし、先カンブリア期のような古い時代の地盤も存在する。また地層が存在するということは、海洋底を構成する地盤が一体となって誕生・移動していないことを示している。地盤が一体となっての移動していないことは残留磁気の調査でも証明されている。
マントル固体論は地震波の伝播する様子からも破綻していることが分かる。マントルは地球誕生後の歴史から見ても熔融していると考えるほうが自然であるし、マグマオーシャンの時代から水を大量に含んでいて融解条件を満たしていると考えるのが自然である。マントル固体論は破綻している。

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...