Loading...

舞踊組曲『神々の履歴書 第二番・青山映えて』 【1988/2013改訂初演】 〈作曲/今井重幸 振付/田野日出子〉

240 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 28, 2014

2014年12月1日(日)、早稲田奉仕園スコットホール/第18回「トロッタの会」より

舞踊組曲『神々の履歴書 第二番・青山映えて』
【1988/2013改訂初演】
〈作曲/今井重幸 振付/田野日出子〉

舞踊/田野日出子 清水弘子・筆宝ふみえ・石井康二・本間良治・坂本憲志(賛助出演)

指揮/伊藤美香
フルート/臼井彩和子 オーボエ/岡崎千明 クラリネット/藤本彩花 ファゴット/岩岡翔子 ヴァイオリン/戸塚ふみ代・駒崎りら ヴィオラ/神山和歌子 チェロ/寺島志織 打楽器/稲垣佑馬 ピアノ/河内春香

【曲解説】
前回に続く、舞踊組曲「神々の履歴書」の第二番である。日本文化の源流を、中国大陸から朝鮮半島への流れに探ろうとするドキュメンタリー映画のために書かれた音楽だが、私にはもともと舞踊曲への強い気持ちがあった。ピアノと弦楽四重奏のための『仮面の舞』には、幼時に見た舞楽面や、韓国探訪の際に出会った風刺仮面劇、農楽舞の印象をこめた。亡き友、三木稔の追悼曲も『邦楽器のための巫女舞』とした。今回は映画音楽から「青山映えて」他二曲を採り、大陸と半島の音楽を生かしながら、新たな組曲を構想した。踊りには、長年の友人、田野日出子さんたちの御協力を得た。感謝致します。〈今井重幸〉

  • Category

  • License

    • Standard YouTube License

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...