JP

Loading...

1984 桑田真澄 甲子園 夏 4月1日誕生日

1,941 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 31, 2014

心の野球―超効率的努力のススメ↓
http://goo.gl/ZonQdq

動画は、1984 桑田真澄 甲子園 夏 高校時代、最も速い球を投げたと言われる試合

桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球指導者。ティーチングプロゴルファーの桑田泉は実弟。

PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビで一世を風靡し、プロ入り後は1990年代の読売ジャイアンツを、斎藤雅樹、槙原寛己とともに先発3本柱の一人として支えた。

2007年にピッツバーグ・パイレーツで現役を引退してからは、フリーランスの野球解説者として活動するかたわら、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程でスポーツ科学の修士号を取得。指導者講習会を主催する特定非営利活動法人「アミーチ・デル・クオーレ[注釈 1]」の理事長、ボーイズリーグの麻生ジャイアンツの会長、東京大学野球部の特別コーチや、日本野球機構「統一球問題における有識者による第三者調査・検証委員会」の特別アドバイザーも務める。2014年4月からは、東京大学大学院総合文化研究科に進学する予定。

大阪出身でありながら、メディア(特に全国中継でのTVインタビュー、誌上)等で関西弁を出す事は滅多になく、ほとんどを所謂"標準語"で通している。怒る際は関西弁が出るとのことで、本人曰く「関西弁が出てる時は怒ってるんでしょうね」とのこと。

現在の日本の野球の指導のあり方に不満や問題点を挙げており、スポーツニュース(特に準レギュラーの『S☆1』)や野球中継の解説などでよく持論を披露する。技術指導に関するもの以外でも、質ではなく単に量のみ求める長時間練習や、グラウンドで飲酒喫煙をするアマチュア野球指導者の姿勢、年長者や指導者に絶対服従、指導中や負けた場合の鉄拳制裁(体罰)は当然、といった日本野球界特有の体育会系思想を批判している[52]。2013年1月12日付けの朝日新聞社会面では、体罰について「私は、体罰は必要ないと考えています。"絶対に仕返しをされない"という上下関係の構図で起きるのが体罰です。監督が采配ミスをして選手に殴られますか? スポーツとして最も恥ずかしき卑怯な行為です。」と答え、「指導者が怠けている証拠で」あるとした。

非喫煙者かつ嫌煙家。自分も含めた非喫煙者が受動喫煙させられることに立腹し、スタッフに働きかけ、移動用バスは禁煙車と喫煙車に分乗、また「ロッカールームは禁煙、食堂は喫煙」と分煙化を達成。春先のキャンプでは禁煙ルームを設置できないので全面禁煙化を達成させた[53]。

趣味はワイン、ピアノ、英会話。

ビル・ガリクソンは巨人在籍時代に桑田と仲が良く、息子のミドルネームに「クワタ」と名づけるほど親しい間柄だった。また桑田の選手生活晩年にメジャー挑戦を決意させたのも、この頃ガリクソンが桑田にメジャーについて語ったことが大きく影響している。

既婚者で2男の父。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...