Loading...

被災地から生まれた歌 『ここに心が』

7,066 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Aug 4, 2011

東日本大震災で、私は津波に飲まれ、死を覚悟しました。そして生きて、目の前に広がった変わり果てた我が町の姿を見たのです。"夢だろう?、夢であって欲しい"と強く望みました。しかし現実は桁の違う余震に、津波の再来。壊滅した町に、さらに追い討ちをかけ、流れ込んでいきます。そして町は津波だけでなく、業火に焼かれていきました。私は愛すべき我が町の地獄絵図を見た。
////////////////////////////////////////////////////////////////////
震災後、世の中が落ち着きを見せ始めた頃、心が折れている私に、大きな転機が訪れます。それは、ある歌を聴き、胸にこみ上げる魂の叫びを感じたのです。
その歌の名は「ここに心が」と言います。
この歌は被災した人たちの声を聞いて生まれました。だから魂に語りかけてくるのです。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あの頃の町にもう戻る事は叶わない。生まれ育った我が家にも。
そして突然奪われた命・・・
あの日私達は絶望しました。今もこれからを思うと不安しかない。
でも、その傷ついた心を救ってくれたのは沢山の人たちのあたたかな心でした。
歌『ここに心が』は過去を思い出させてくれます。そして前に進む小さな一歩を感じさせてくれます。私がそうだったように。歌・写真、想いをギュッと詰め込みました。一歩前に進む勇気をあなたと・・・

作詞・作曲・歌は彼女自身。
私はこの歌を広める許可をご本人から頂いています。
映像YOUTUBE公開も"ぜひ"と。
彼女のメールには「一人でも誰かが聴いてくれて前向きに進んでもらえたらと思います」と返事を頂いています。

それと歌を作った彼女の名前は、映像に入れているTAKAHASI。それ以上は今の所言えませんので、ご了承ください。
写真とイラストは私が撮影、描いたものです。

ブログ転載、HPでの紹介(リンク?)、みなさんからまた沢山の人に紹介、よろしくお願いいたします。
そして、誰かの小さな一歩が生まれる事を心から願っています。

歌詞

光る青と囲む緑
やさしさとたくましさが交わる
頭の上で泳いでいる雲たちが  自由に見えた

こみ上げてくる  ぐっとこらえても
いくつもの涙を  大地は拾ったのだろう

かけこんだ青の下  あぁ、君がいる
この町を好きな人が
この町にあふれている

鳥たちの歌と潮の香り
ここで生まれこの浜を愛する
「戻れる事が出来るのなら・・・」
何度そう思ったのだろう

母が手を加えた  父の捕った幸よ
染みわたる味を  忘れはしない

はなれてもずっとつながっているように あぁ君がいる
この町を好きな人が
この町にあふれている
笑ったのも 怒ったのも 叫んだのも ほっとしたのも
「ありがとう」も「さようなら」も「大嫌い」も「愛している」も
全部  全部  全部  この場所だ

駆け込んだ青の下 あぁ、君がいる
この町を好きな人が
この町にあふれているから

「ただいま」とまた一言  ここでいえるように
今を生きる 歩むことが 守る力につながる


心がここにあるから
心が  心が  あるから

/////////////////////////////////////////////////

あくまで自録りですので音量、音割れ等、ご了承下さいと、歌う彼女からの伝言です。

Comments are disabled for this video.
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...