Loading...

気分障害 4 躁の症状[学生必見]双極性障害の精神科ネット授業

5,371 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 23, 2017

双極性障害の躁状態で生じる症状を精神科医解説した精神医学のWeb講義。
気分障害のひとつである双極性障害で生じるのが躁状態であり、躁症状には高揚気分や精神運動興奮、多動、行為心拍、多弁、談話心拍、観念奔逸などがあります。
双極性障害であれば気分安定薬、すなわちバルプロ酸(デパケン、セレニカ)、炭酸リチウム(リーマス)、カルバマゼピン(テグレトール)、ラモトリギン(ラミクタール)、さらには非定型抗精神病薬であるクエチアピン(ビプレッソ、セロクエル)、アリピプラゾール(エビリファイ)、オランザピン(ジプレキサ)で治療されます。

医師国家試験や看護師国家試験への対策をする上でも理解しておきたいものです。

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...