Loading...

松本隆博|『すきやき』PV〜ライヴで常時大泣きの蔵出し作品

40,786 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 11, 2010

社会貢献的エンターティナー、松本隆博 ライヴで常時大泣きの蔵出し作品 「すきやき」http://www.takahiro.cc/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
シンガーソングライター『松本隆博』

New シングル「アーティスト」 2012.1.25 Release!
少子化対策支援の講演会や、テレビ、ラジオ、雑誌などで活躍中の松本隆博。
元気のない日本に、松本隆博の処方箋! 愛すべき人、愛すべき国に、愛を持って「愛」を届ける!
全快の味わい深いニューシングル。通算6枚目のリリースとなる当シングルは、松本節の真骨頂。
家族から情勢まで全方向の世界感は、松本のフィルターを通ると「愛」に変わる。
家族を守る父親、子育てを楽しみたい母親、受験に勤しむ子供。
繰り返されるなんて事のない日常・普通の生活。家族の日常は「大人達(自分たちの世代)」によって違和感のある「普通」へ変化した。当たり前の事にも感じられる「普通」は、実は自分を押し殺して過ごしている「異常」。
「当たり前」「自分らしく」とは何か? 分をさらけ出して生きる、それが アーティスト 
自分の人生を描き表現する、それが! アーティスト 
ロックアレンジに松本の渋いヴォーカルで日本を素晴らしい国に戻したいと切に願う松本からのメッセージが響く。

「すきやき」は昭和のフォーク界を支えた巨匠の【石川鷹彦】氏が繊細な神業のアコースティックギターのアルペジオとマンドリン編曲で参加。
天才子供バイオリニストの「syuga」が参加など、サウンド面でも今作はかなりの力作となり松本の代表作となる作品に仕上がった。前作「かぞく」の世界感を引き継いだ「すきやき」はライブでも涙する人がすでに全国で多数の方に指示され大変人気の大絶賛の曲。



=====歌詞======

「すきやき」
作詞・作曲 / 松本隆博 
編曲 / 石川鷹彦 / 米田浩徳


親戚が集まり昔話に花が咲く
母が「そう言えば・・」とある話を切り出した
笑い話しにしないといけないから
少しはにかみながら、すきやきの話をした
鶏肉のすきやきの話


中学生の頃育ち盛りの僕は
友達からすきやきなるものの話を聞き
急いで家に帰り母に「今日の夕食は
絶対にすきやきにして」と、言い放った
すきやき、すきやきとはしゃいだ


「よっしゃわかった」と母は言った
夕食は思い通りすきやきだった
豆腐、しらたき、ねぎ、そして・・鶏肉
僕は怒った泣きながらこれはすきやき違う
こんなもん喰えるか!って
母を睨みつけ怒鳴った


そんな事あったっけって僕は少しとぼけて
「仕方ないよ、鶏肉は"とりにくい"」なんて笑わせて
面白話で終わろうとしたけれど、少し聞きたくなった
母は何故覚えていたのかこの鶏肉のすきやきの話

母が覚えていた訳は

母は僕に本当のすきやきを食べさせたくて
あげたくてあげたくてあげたくて、でも
お金が足りなくて思いついた、鶏肉のすきやき
部屋を飛び出した僕の背中に、「ほんとゴメンね
夕食の願い一つくらい叶えられないのか・・・」
鶏肉のすきやきの話は


母が初めて息子に怒鳴られた話
母が初めて息子に隠れて泣いた話

ずっと母に、刺さっていた


最近偶然見た料理番組
なんと同じ鶏肉のすきやき
レポーターは、「超美味しいヘルシーお肌プルプルリーズナブル」
牛肉より旨いのか!?


会社の宴会で行った食べ放題のすきやき
でもみんな話に夢中、煮詰まってこびりついた
もうこれ以上食べれないや牛肉のすきやき
火が消えて油が白くなってそして誰も手を付けず
ちじこまったすきやき、これからも思い出すんだろうなー


母が初めて息子に怒鳴られた話
母が初めて息子に隠れて泣いた話
母が初めて息子に怒鳴られた話
母が初めて息子に隠れて泣いた話
母が初めて息子に怒鳴られた話
母が初めてこんな親でゴメンと思った話


僕が初めて母を傷つけた話
今までゴメンね・・・でも
ありがとう
鶏肉のすきやきの話

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...