Loading...

トロッタの会『ムーヴメント MOVEMENT an extra 』

378 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 26, 2011

2010年5月29日(日)、早稲田奉仕園スコットホールでの第13回「トロッタの会」より。田中修一作曲・木部与巴仁作詩による『MOVEMENT an extra 木部与巴仁「亂譜外傳・儀式」に依る』。ソプラノ・赤羽佐東子、ファゴット・平昌子、打楽器・大場章裕、ピアノ・森川あづさ
【作曲者の言葉】この作品に登場するハナアルキ(鼻歩き)とは、南太平洋ハイアイアイ群島に棲息した、鼻で歩き鼻で捕食する哺乳類で、核実験の影響で島と共に沈んでしまった鼻行類Rhinogradentiaの別名である(ハラルト・シュテュンプケ著『鼻行類』参照)。その原産地である南海のハイアイアイ群島の発見者、シェムトクヴィストは原住民フアハ=ハチの儀式をいきいきと描写している。「フアハ=ハチ族は当時(ちょうど春分の頃だった)ホーナタタ(ハナアルキの別称*筆者註)祭を祝っていた。この祭礼のときには、彼らは村の集会所で祭礼の歌をうたいながら脂身をはさんで焼いたホーナタタを食べる。それは夕闇迫る時分であった。(後略)」(前掲書)。〈田中修一〉

Loading...

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...