Loading...

★MTR多重演奏★ 海辺の恋/小椋佳【cover】 歌・演奏/Dunn

12,771 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Uploaded on Sep 10, 2011

谷崎潤一郎の妻千代子を慕う佐藤春夫が綴った詩が
「海辺の恋」です。
「をとめのごとき君なりき」は千代子、わらべのごときわれなりき」は
佐藤本人のことだそうです。

谷崎は妻千代子の妹に心を奪われ次第に冷たくなっていく。
そんな千代子に同情する佐藤でしたが、次第に愛に変わっていったようです。

この海辺の恋は大正10年、佐藤春夫が29歳のときの作品だそうです。
千代子と結婚したのは昭和5年だそうで、実に9年間の想いが
実ったということになりますね。

千代子に想いを寄せていた佐藤本人も当時妻がいたそうですが
その仲はすでに冷え切っていたそうです。

ドロドロとした不倫の歌とも言えますが、小椋佳作曲の旋律は
この詞の通り純愛仕立てで大好きです。

  • Category

  • License

    • Standard YouTube License

Loading...

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...