Loading...

H13-47 景品表示法 5問免除 宅建みやざき塾 重要過去問題解説講義

10,201 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 4, 2013

景品表示法の重要問題の解説講義です。
今年の宅建試験合格に、ぜひお役立てください♪
絶対に合格しましょう(*^^)v

H13-47
宅地建物取引業者Aが行う広告に関する次の記述のうち,不当景品類及び不当表示防止法 (不動産の表示に関する公正競争規約を含む。) の規定によれば,正しいものはどれか。

1 Aは,建物の売買の媒介を依頼されたところ,当該建物は工事完成後10ヵ月が経過しているものの居住の用に供されたことがなかったので,当該物件を新築物件として販売広告してもよい。

2 Aは,駅から160mの距離にある宅地を,代理により売却するに当たり,「駅より徒歩2分,立地条件は万全です。」 と販売広告してもよい。

3 Aは,自社所有の10区画の宅地の販売に当たり,インターネットを利用する方法で1ヵ月を販売期間とする旨の広告をしたところ,販売開始1週間で8区画を売却したが,販売期間中の表示の一貫性を考慮し表示の更新は行わなくてもよい。

4 Aは,工事中の建物をインターネットを利用する方法で販売広告するに当たり,他の建物の写真であっても当該建物と外観が類似するものであれば,他の建物の写真である旨明示することなく使用してもよい。

みやざきの宅建ブログ 『宅建合格らくらくナビ』
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...