Loading...

1月28日振り返りと、不動産経済研究所の定期レポートがすごい、今週は米中貿易交渉が重要イベント!

411 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 28, 2019

こんにちは、じょにぃです。

1月28日(月)マーケットの振り返りと明日29日(火)の見通しをお話ししますが、
今日もその前に、気になったニュースを取り上げます。


今日の気になるニュース

[FT]アップル決算、悪材料に身構える投資家
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
29日に2018年10~12月期決算発表があるアップルですが、前回アップルショックがあっただけに警戒感がすごいです。
1月あたまにアップルは同期売上高を5%下方修正するとしており、1月3日を今でもフラッシュクラッシュとして記憶してると思います。
今回の注目は、どれくらいの期間にわたって低迷が続くのかという点です。2019年ずっと低迷すると言ってるアナリストもいるようですが、個人的には2019年で低迷が終わったらいいよねって感じです。
MacOSは完全64bit化されて全体的に高速化されると想像しやすいですが、iPhoneはFaceIDの問題(マスクしてると解除できない)、ノッチの問題をクリアしたより洗練されたモデルになると思いますが、たぶん過去モデルを多くの人は使い続ける。
詳細はリンクをご覧いただけると嬉しいです!

子ヤギがシマウマの背中に… 最近は毎日 静岡 東伊豆町 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/2019...


1月28日マーケット概況

日経平均は反落 20,649円ちょうど -124円56銭安 (-0.60%)
引けにかけて内に押されて14時57分につけた20,624円55銭が今日の安値。高いところでは朝寄付き直後9時8分に20,759円48銭をつけ、これが高値となりました。
日経平均のPERは 11.96倍、PBRは 1.09倍。

東証一部、値上がり銘柄数は 560、値下がり銘柄数は 1,498、変わらず 69と、TOPIXも反落 1,555.51 -10.59 (-0.68%)となりました。
東証一部、新高値銘柄数は 1、新安値銘柄数は 16となっています。
出来高は 10億6500万株、売買代金は 1兆8765億 となり先週17日(金)にいったん2兆円に載せた売買代金は再び2兆円割れとなっています。

新興株は、JASDAQが続伸、マザーズ指数は反落とまちまち。
為替はドル円が 109.23、 ユーロ円が 124.71(2019-01-28 23:50)で推移してます。

 
25日(金)のNYダウ平均が24,737.20(+183.96)と上昇で戻ってきましたが、マイナスで寄付き、何度か上値をトライするも押し戻されて引けにかけて下落幅が徐々に広がる展開になりました。
先週25日(金)に日足チャートで5日移動平均線の上に出ましたが、日経平均、TOPIXともに5日線のちょうど上に乗っかってる水準になっています。


今週水曜、木曜日(1月30, 31日)には米中貿易交渉が予定されていて、ここからリークされてくる楽観的・悲観的情報がもっともマーケットを動かす可能性があります。
3月1日の期日に向けての交渉ですが、情報のリークそのものが駆け引きの材料になっているために、マーケットはこれによって上下にぶれることがあるので、気を引き締めないとですね。
両者ともに国内事情から弱気な姿勢を示せない一方で、株高も特にトランプさんにとっては重要なので、これまで同様に、ネガティブな情報が出て下落したら、翌日にポジティブな情報が出てきて値上がりするみたいなバランスを取ってくると想像してます。

今週金曜日は雇用統計の発表があるので、ここに向けて動きが活発になってきます。
ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値では、非農業部門雇用者数は前月比16万人増。失業率は3.9%で変わらずと予想されている。
雇用市場は常に遅効性があって、統計情報がそもそも過去のデータになるという点は理解しておく必要があります。雇用統計が悪くなったときには経済は悪化しはじめてからしばらく経ってます。
為替をやってる方々は毎回雇用統計がお祭りのようで楽しそうですけど、自分はやってないので、あくまで観戦です😂


不動産経済研究所のレポートは客観的でおもしろいです。
http://www.fudousankeizai.co.jp
最近、不動産について聞かれることが多いので、主な参照先である不動産経済研究所をご紹介します。毎月レポートをまとめてくれてますので、定期的に見に来ると良いと思いますよ。
毎月の推移はあがったり下がったりと、ある種「レンジ相場」のようなところがあるんですが、直近で、販売戸数の増加と新規契約率の低下が、不動産会社側も駆け込みで売りにきている可能性があると思ってます。

ご視聴ありがとうございました!
参考になったら高評価ボタン、チャンネル登録お願いします!

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...