Cargando...

自作水素ガストーチ2

13.474 visualizaciones

Cargando...

Cargando...

Cargando...

Se podrá valorar cuando se haya alquilado el vídeo.
Esta función no está disponible en este momento. Vuelve a intentarlo más tarde.
Publicado el 27 dic. 2007

DIY自家発水素ガスだけで車は本当に走るのか?走ったらほんとにすごい、専用の高圧水素ぼんべもいらないし、ガソリンも必要なくなるかもしれないしCO2も殆ど出ないようだし、少量の水さあれば走り続けられるかも、とにかくすごい事だらけだけどやってみないと解らないので取りあえず実験を始めました、地球温暖化対策のCO2削減にはこれが一番安上がりで普及しやすいのではないのでしょうか、ただ車が走ればいいだけであれば本当に単純な物でいいわけですから普通の車であればデイゼル車ガソリン車関係なく走るようですし、ガスボンベのような大量の高圧のガスだまりがないので事故によるガス爆発や噴出事故の心配がほとんどいらないと思います、自家発ガスであればガスを貯める必要がなく水の心配だけすればいいと言うことになります。どんな車にも積めるような小型で安価な値段で普及させることがco2削減に一番早いのではないでしょうか。今回はミニトーチの実験ですこのミニトーチを使い電球のガラスを融かす実験をしてみました、火の温度は実際に計りようが無いので解りませんが、ガラスが融けるので800度以上有るのではないでしょうか、これは水素と酸素の混合ガスだけです、これにアルコールやアセトンを使い温度を上げるようです、電源は12V電極はステンレスプレート が8枚極性は無いのですが+ −+−+−+−となります、地球温暖化は何をやっても止められないと言う人もいますが、これだけ単純で安上がりな物があれば雑草のように世界中に広がり地球温暖化を遅らせることが出来るのではないでしょうか。これが使えれば穀物の値上がりなどあり得ないと思いますが、まだ解らない事だらけなので思考錯誤しながらやって行きま すので、皆さん宜しくお願いします。
世界の何か国かで個人レベルで実験や研究をさ れている方がいますのでそれを参考にしてやって行きたいと思います、

Cargando...

Si la reproducción automática está habilitada, se reproducirá automáticamente un vídeo a continuación.

Siguiente


para añadir este vídeo a la lista Ver más tarde.

Añadir a

Cargando listas de reproducción...