Loading...

小田原漆器の椀 - 日常使いできる「本物」 2017/07/07 Fri.

4,512 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 6, 2017

小田原漆器は木地に丈夫で歪みの少ないケヤキを用います。丈夫なケヤキの木地に、天然のプロテククターでもある漆を何度も刷り込むことで、さらに強く、木目も美しくなるのです。
漆器は取り扱いが面倒と思われるかもしれませんが、小田原漆器の椀は丈夫で実用的、毎日使える「本物」なのです。
小田原・箱根地域は、ろくろ挽き(木地挽き)を中心に千年以上前から発展してきた木工産地。
室町時代、挽物の椀に漆を塗られたのが小田原漆器の始まり。以来、実用的な漆器として発展してきました。
動画本編では、小田原の職人さんたちによる木地挽きとすり漆塗りを紹介しています。

出演、撮影協力:
鈴木友子さん(もくのすけ/小田原漆器職人・木地師)
池谷尚さん(池谷漆芸/小田原漆器職人・塗師)
石川漆器株式会社
http://ishikawa-shikki.com/
一般社団法人箱根物産連合会
http://www.hakonebussan.com/

This movie shows how to make a Japanese traditional wooden bowl of the ODAWARA lacquerware.

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...