Loading...

Forest of Resonating Lamps - One Stroke

39,190 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Oct 14, 2016

Maison & Objet Paris 2016
September 2 - September 6, 2016
Paris Nord Villepinte Exhibition Centre
https://www.team-lab.net/e/maisonando...

Maison & Objet Paris 2016
2016年9月2日 - 2016年9月6日
Paris Nord Villepinte Exhibition Centre
https://www.team-lab.net/jp/e/maisona...

・Forest of Resonating Lamps - One Stroke

When a person stands still at close range to a lamp, it shines brightly and emits a color that resonates out. The light of this lamp becomes the starting point, and it spreads to the two nearest lamps. The light from the lamps transmits the same color to other lamps, one after another, spreading out continuously. The light transmitted from the lamp always resonates out at a bright light once, passing between close lamps, till all lamps have shone brightly once, and then returns to the first lamp. The light of the lamp in response to human interaction, divides in two, becomes one optical line through all lamps respectively, finally, meeting at the first lamp that became the starting point.

If a light comes from the other side of the room, it means that there is someone else standing there. Visitors become aware of the presence of others in the same space.

All the lamps, seemingly scattered randomly, are placed in the space to form a continuous line when the two lamps closest to each other are connected with a line. The first lamp, responding to a person’s position, resonates to the closest two lamps, and these two lamps in turn resonate to other nearby lamps. This forms a chain reaction by passing through all lamps in one loop until the resonating action ends at the originating lamp.
The planar arrangement of the lamps is staggered in a zigzag to fill a space, organized by a perfectly ordered grid. This is the first constraint. The second constraint is the height and width of the room and the pathway that people walk through, thus creating a “boundary condition.” The third constraint is that the lamps, when connected to the two closest lamps three-dimensionally, form a unicursal pattern with the same start and end points.

The placement of lights was mathematically calculated so that it satisfies these constraints. The variability of the lamps’ direction and the average angle that creates a three-dimensional route were examined multiple times in order to achieve the final placement of the lamps.

The arrangement of the lamps is not only beautiful in a static way, but also in a dynamic way when activated by viewers. It demonstrates the space of a new era. The space is designed through digital technology and adapts to the movement of the people in it.

※The lamp shade is made by Murano glass (Venetian glass).

https://www.team-lab.net/w/forest_of_...

・Forest of Resonating Lamps - One Stroke

人がランプの近くで立ち止まると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせる。そしてそのランプの光は、最も近い二つのランプに伝播する。伝播したランプの光は、それぞれ同じように強く輝き音色を響かせながら、最も近いランプに伝播し、同じように連続していく。伝播していく光は、必ず、全てのランプを一度だけ強く輝かせ、必ずはじめのランプに戻ってくる。つまり、人に呼応したランプの光は、二つに分かれ、それぞれ全てのランプを1度だけ通る一本の光のラインとなり、最後に、起点となった最初のランプで出会う。

伝播していく光が、他の人が起点となった光と出会い通り抜ける時、光が出会った場所のランプの光はより強く輝き、そこに長く残っていく。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を意識するだろう。

一見バラバラに配置されたランプは、それぞれのランプから3次元上で最も距離が近いランプに線を引いたときに、(始点と終点が同じの)一筆書きできる一本のつながった線(unicursal)になるように配置されている。ランプがこのように配置されることによって、人に呼応したランプの光は、最も近いランプに伝播しているだけにも関わらず、一筆書きのように全てのランプを必ず通り、そして必ず一度だけしか通らず、最後に、起点となった最初のランプに戻ってくる。

ランプの配置に関しては、以下のような制約を満たす空間上のランプの配置を数学的に求め、ランプの高さ方向の分布のばらつきと、3次元的な経路(光の軌跡)のなめらかさを定量化し、多数の解に対して評価を行った。

ランプの平面配置は、ランプを吊るために、均一な千鳥配置であり整然としたグリッドになっている。これが1つ目の制約となる。2つ目の制約として床と天井の高さ、人が通ることができる通路の高さと幅という物理的な空間の境界条件を設定する。そして全てのランプから、3次元上で最も近い2つのランプに線を引いたときに、起点と終点がつながったたった1本の線(unicursal)になることが3つ目の制約である。

このようなプロセスによって生まれたランプの配置は、一見ランダムのように見えるために、光の軌跡が予測できず飽きないが、実際は、物理的に一番近いものに光が連続していくため、まるで火が燃え移っているかのように自然に感じる。そして、ランプの光の軌跡は一本線でつながっているため、自分から生まれた光と、他者から生まれた光は、必ず交わる。
これは、空間が固定化されていることを前提とした静的な美しさではなく、人々がこのランプに近づくことによって生まれる動的な美しさとも言える。それは、デジタルテクノロジーによって変化そのものを自由に設計でき、人の存在による空間の変化や動きを受け入れた新しい時代の空間のありようである。

ランプシェードは、ムラーノ・ガラス(ベネチアン・グラス)を使用。

https://www.team-lab.net/jp/w/forest_...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...