Loading...

アリスの時間 / looking glass "time"

9,039 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 11, 2012

府中市美術館公開制作作品 2012年.ハイブリットアニメーションラボ2
落合陽一 / アリスの時間
Yoichi OCHIAI / Looking-glass time
http://ochyai.com

アニメーションについて考えてみた.物象的実体を離れることが今年後半のテーマであったから,その過程で時間について考えていた.アニメーションとは本来Animaを入れこむことであるし,ゾートロープもZoe(生命)をTrope(回転させる)ことだから,生命からは離れられないかもしれないと思った.

しかし,生と死について考えると,0のとき生きていて,1のときに死んでいるとするならその間は? アニメーション自体は0の集合体で1を作り出すことに似ている.

だから,止まった時間を使って,動いている時間を作り出すその行為を批評的に捉え直すこととは,複数の時間軸から切り出された"時間"を使って,主観時間を作り出すことなのではないかと考えた.アニメーションは時間を切り取り,時間を再び再生する,時間を描くことで作り出す.実写映画は時間軸に関してはあまり変更することはないが,アニメーションにとってはその時間軸自体が表現対象である,それが静止物体に動きをもたらすからだ.

この装置は,LEDと時計,レンズという基本ユニットが12個並び,時計の構造を持っている.自己相似形を持つ構造に,光が順々にともることで,メタ的な時計を構成している.光が当てられた時計はその光を反射し,エピスコープを構成して天井側に鏡越しの時計を映し出す.LEDの光が12個のアニメーションを作り出すことで,その鏡越しの時計の進行速度は変わる.

エピスコープは実像投影機であり,フィルムを使用しない投影の形である.フィルムを使用しない映画の形として,時間軸分の実体がならび,その個数分のエピスコープが存在すれば,そこに投影する映像は動き出す.

そうやって構成した時計のアニメーション.鏡時計,そして複数の時間軸から主観時間を構成するという意味で,アリスの時間と名付けた.

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...