Loading...

日航ジャンボ機 - JAL123便 墜落事故 (飛行跡略図 Ver1.2 & ボイスレコーダー)

1,728,620 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 1, 2012

あれから30回目の夏。あの日がやってきます。黙とう・・・

事故調発表を元にしたJAL123便 飛行跡略図

飛行航跡図と合わせボイスレコーダが聞けます。

日本航空123便墜落事故は、1985年8月12日18時56分に、日本航空(現:日本航空インターナショナル)123便、東京(羽田)発大阪(伊丹)行、ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119)が、群馬県多野郡上野村の御巣鷹の尾根に墜落した事故である。

運輸省航空事故調査委員会による事故調査報告書によると、死亡者数は乗員乗客524名のうち520名、生存者は4名であった。

死者数は日本国内で発生した航空機事故では最多であり、単独機の航空事故でも世界最多である。

夕方のラッシュ時とお盆の帰省ラッシュが重なったことなどにより、著名人を含む多くの犠牲者が出、社会全体に大きな衝撃を与えた。

特にこの事故を指して『日航機墜落事故』『日航ジャンボ機墜落事故』と呼ばれることもある。

1987年6月19日に航空事故調査委員会が公表した報告書では、同機がしりもち着陸事故を起こした後のボーイング社の修理が不適切だったことによる圧力隔壁の破損が事故原因とされている。

これをもって公式な原因調査は終了している。

遺族などの一部からは再調査を求める声があるが、行われていない。

Japan Airlines Flight 123 was a Japan Airlines domestic flight from Tokyo International Airport (Haneda) to Osaka International Airport (Itami) on August 12, 1985.

The Boeing 747-SR46 that made this route, registered JA8119, suffered mechanical failures 12 minutes into the flight and 32 minutes later crashed into two ridges of Mount Takamagahara in Ueno, Gunma Prefecture, 100 kilometers from Tokyo, on Monday 12 August 1985. The crash site was on Osutaka Ridge (御巣鷹の尾根, Osutaka-no-One?), near Mount Osutaka.

All 15 crew members and 505 out of 509 passengers died, resulting in a total of 520 deaths and 4 survivors.

It remains the deadliest single-aircraft accident in history.

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...